マシン・オブ・ザ・イヤー2018
耐久は赤×白で統一

鈴鹿8耐参戦のYZF-R1 20周年カラー公開

2018年6月16日、ヤマハが鈴鹿8耐の参戦体制を発表した。同時に公開になったのはそのマシンとカラーリング。今年は1998年に登場したYZF-R1の20周年にあたり、それを記念する初代の赤×白をオマージュしたペイントで4連覇を目指すことになった。

全日本の青に続きもうひとつの赤×白が登場

1998年に登場したヤマハスポーツバイクの記念碑的モデルとして知られるYZF-R1の20周年を祝う企画が各方面で実施されているが、やはり最大の見せ場となるのは鈴鹿8耐だろう。今年は鈴鹿8耐4連覇を目指す大会となり、さらに世界耐久選手権のタイトル獲得も賭けた戦い。ヤマハとしては、これらを制することでR1の20周年を祝うべく鉄壁の体制を築いてきたのだ。ちなみに、全日本選手権では初代R1の青をオマージュしたカラーリングで話題となっており、今回はその第2弾だ。

【YAMAHA FACTORY RACING TEAM】エースナンバー21をゼッケンとするワークスチームのマシン。初代モデルのYZF、R1のロゴが懐かしい。

20周年特別カラーのYZF-R1で鈴鹿8耐4連覇、EWCの連覇を目指す(リリースより)

ヤマハ発動機株式会社は、2018年7月26〜29日、三重県・鈴鹿サーキットで開催される“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第41回大会に、ファクトリー体制の「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」と、2017-2018 FIM世界耐久選手権(EWC)にレギュラー参戦する「GMT94 Yamaha Official EWC Team(GMT94)」、「YART Yamaha Official EWC Team(YART)」が出場することを決定しました。

マシンは、1998年に発売した「YZF-R1」の20周年を記念して、3チームとも赤・白のカラーリングをベースに、初代モデルの「YZF」「R1」ロゴ、「20周年記念」ロゴなどを配した特別カラーの「YZF-R1」を使用。「R1 evolution Rの“進化”が“革命”を起こす。」をスローガンに、鈴鹿8耐4連覇とEWCの連覇を目指します。

昨年、当社初となる鈴鹿8耐3連覇を達成した「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」からは、その3連覇を牽引した中須賀克行選手、アレックス・ローズ選手、マイケル・ファン・デル・マーク選手の3人が出場します。監督は、全日本のファクトリーチームで指揮を執る吉川和多留監督です。

EWCの2017-2018シリーズで現在ランキング2位のGMT94からは、デビット・チェカ選手、マイク・ディ・メリオ選手、ニッコロ・カネパ選手の3人がシリーズ連覇をかけて臨みます。また、ランキング13位につけるYARTは、ブロック・パークス選手、マービン・フリッツ選手、そして藤田拓哉選手、マックス・ノイキルヒナー選手の4人を招集し、事前テストの結果や体調などを考慮し最適な布陣で本番に臨みます。

【GMT94 Yamaha Official EWC Team(GMT94)】10ポイント差でトップのF.C.C. TSR Honda Franceを追うヤマハの世界耐久選手権レギュラーチーム。【YART Yamaha Official EWC Team(YART)】ゼッケン7番は、もうひとつの世界耐久選手権レギュラーチーム。

ニュース提供:ヤマハ発動機

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018