テイストオブ筑波で走行も披露

ストライカーのZ900RS用フルエキが発売、レース用もデモ走行

2018年5月19日、テイスト・オブ・ツクバ SATSUKI STAGEにて実施されたZ900RSパレードランイベントに横浜のストライカーも参加。東京モーターサイクルショーで公開されたデモ車両が進化し、発売したばかりのフルエキゾーストで全開走行を披露した。

異形サイレンサー・OFF-Typeのレース用も登場

サーキット走行も視野に入れてカスタマイズを進めるストライカーのZ900RSが、筑波サーキットでデモ走行を披露。パレードランの後、代表の新辰朗氏がレーシングスピードでコース2000を走り抜け、旧車ファンの注目を集めた。ストライカーのZ900RSカスタムは東京モーターサイクルショー前から開発をスタートし、ガードスライダーやステップ、スリップオンサイレンサーなどは既に発売されているが、ついにZ900RS用”INTER MODEL”フルエキゾーストマフラーも5月21日にリリース。そのレース版を特別に仕立て上げ、快音を響かせた。

【STRIKER レーシングコンセプトフルエキゾーストOFF-Type】5月21日に発売したストリートコンセプトと基本は同じで、触媒を省いたりサイレンサーのパイプ径が大きいなどの仕様変更を施したレース用4-1タイプフルエキゾースト。ラインナップには掲載されていないが、下記のストリート用と同じ価格で販売可能だ。

【STRIKER Z900RS “INTER MODEL” SCフルエキゾースト OFF-TypeB JMCA 価格:23万7600円】サブサイレンサーなしの硬派な4-1フルエキゾースト。性能を最大限引き出すため4-1集合内部をセパレート仕様にしたり、エキパイにコニカルテーパーなどを採用し低中速を重視した。そしてトップエンドまで全てのレンジでパワーアップを果たす最新技術で開発されたフルエキゾーストだ。

セパレートハンドルキットも開発スタート

ブランドの代表を国際ライダーの新辰朗氏が務めるだけに、ストライカーのZ900RSカスタムは走り指向を貫いている。東京モーターサイクルショーに展示され筑波で走行したZ900RSには、トップブリッジやクランプ、ハンドルバーもサーキット走行を見据えたオリジナルパーツが装着されていたが、要望が多いため秋の発売を目指して開発が開始された。また、「縦剛性は強く横剛性はしなりをもたせる」というコンセプトのG-STRIKERスイングアームも間もなく発売予定となっている。

開発が始まったセパレートハンドルキットのトップブリッジは、製品版ではパイプハンドル用のライザーをセットする穴がない仕様になる予定。G-STRIKERスイングアームは、ギルドデザインとのコラボ製品だ。

こちらはオーリンズの製品でまだ発表されていないS46系のリヤショック。ストライカーのZ900RSに新たに装着された最新アイテムだ。

取材協力:ストライカー(カラーズインターナショナル)
撮影:真弓悟史

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事