マシン・オブ・ザ・イヤー2018
ナイケンの次は…

次の3輪はトリシティ250になる?!

2018年2月13日、ヤマハ発動機の日高社長が新たな3輪モデルの開発について発言した。その時に示されたスライドにはシルエットのみが描かれていたが、果たしてどんなモデルになるか予想してみる。

登場次期は’19東京モーターショーか

ヤマハが「転ばないバイク」を目指して推進している3輪のLMW(=リーニングマルチホイール)は、’14年のトリシティを皮切りに’18年にはナイケンが発売される。小型コミューターの次は大型スポーツ車と、ジャンルの両極にモデルを展開し、製品化と同時にニーズを探っているのだ。
それを踏まえて今度はど真ん中にLMWの新型を投入することが明らかになった。’17年度の決算説明会でヤマハの日髙社長は「2モデル以外にも様々な形でLMWの新しい価値でお客様を広げていく」と語り、新型投入を表明。本誌が得た情報によると排気量は中型クラスということだ。
そして、気になるジャンルはATモデルとなりそうだ。というのはLMWのギヤ付きスポーツ車についてはニーズが未知数のため、一定の成果が出たスクーターで出す方がリスクが少ないからだ。ナイケンが成功した暁には、中型のギヤ付きLMWの可能性も浮上してくると思われる。※ヤングマシン6月号(4月24日発売)より

ヤマハの日髙社長のスピーチで映し出されたスクリーンには、トリシティとナイケンの間に出てくるモデルがあることを示唆。排気量は中型クラスという情報で、’19年の東京モーターショーで公開されるだろう。

XMAXベースで世界展開も視野か?!

本誌が予想する次期LMWは中型スクーター。以前はTMAXで3輪のテストをしているという情報もあったが、XMAXベースであれば、日米欧だけでなくアジアまで含めてより幅広いニーズを見込めるだろう。また、XMAXをベースにLMW化するとシリーズの250/300/400まで様々な排気量で展開できるというメリットも大きい。また、トラコン付きなので「めざころ」実現により近づくのだ。

左が国内で発売されているXMAX250で右が本誌CG。スクーターなので仮名はトリシティ250とした。XMAXシリーズはインドネシアなど各地で生産されているグローバルモデルで、同じボディで125~400まで様々なバリエーションがある。

ニュース提供:ヤングマシン6月号(4月24日発売)

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018