250スポーツバイクを特集した

ヤングマシン誌スクープが海外にも波及②

2018年5月号(3月24日発売)「激戦区最前線スクープ」特集の250SS-WARSがインドネシアの2輪メディアで掲載された。本誌掲載のCGがネットで引用されることはよくあるが、今回は印刷物になって特集された。ここでは、掲載されたスクープの内容も一部紹介していこう。

果たしてニーゴー4気筒は実現するのか?!

スポーツバイクの熱烈なファンが多いお国柄として知られるインドネシアのバイク専門タブロイド「MOTOR PLUS」紙が、本誌5月号のスクープをほぼそのまま掲載した記事の第二弾。今回は、以前からウワサされるカワサキの4気筒250cc計画が動いているのではないかという内容だ。元々このウワサはインドネシア発祥で、ヤングマシン2014年10月号でも取り上げたことがあるが、その最新動向を伝えたもの。もちろんインドネシアでの関心も高い。

表紙と次の見開きページで特集された本誌5月号の250スポーツのスクープ特集。「MOTOR PLUS」はインドネシア最大のバイクメディアと言われ、週刊で発行部数は約20万部、価格は60円前後だ。カワサキの記事の内容は下記に掲載した。

H2のような250版究極性能路線なら?!

2018Ninja250は、性能を大きく底上げしつつも並列2気筒の現実的価格帯のモデルとなっていた。さすがに4気筒250計画は幻だったのか? 否、水面下ではいつでも動き出せるよう継続中だというのだ。

ちょうど1年ほど前、カワサキモーターインドネシアがSNSを通じて次期Ninja250についてのWEBアンケートを大々的に実施。既にその頃’18Ninja250は開発の大詰めを迎えていたわけで、実際は’18モデル正式発表へ向けて機運を高めるためのパフォーマンス的な意味合いだったと思われる。が、そこには250クラスを超えた装備や機能がズラリと並び、ユーザーの需要度を探っていた。もちろんその中には「並列4気筒」という項目も存在している。その3年前にも、やはりインドネシアのサイトで「カワサキが開発中の並列4気筒シリンダーヘッド」とされる出所不明の写真が話題に。日本国内だと4気筒化は夢まぼろしのように聞こえるが、アジアでは着々と4気筒需要の素地が広がりつつあるのだ。

バイク文化が既に成熟期に入った日本と、勢いのある新興国のライダーたちの間にはアツさに大きな開きがある。最大の違いは、彼らは直4ニーゴーをまだ体験したことがないということだ。「2気筒より4気筒、シングルディスクよりWディスク、正立フォークより倒立フォーク、より速く、よりパワフルに! かつては日本でもそうだった。アジアのライダーだって同じ人間。欲が出ればいずれそうなる」とは、現地を視察したショップ店長の弁。既にカワサキはテスト車も製作済みとの情報もある。2気筒同士の戦いが頂点に達したら、次は4気筒で戦うしかない!(ヤングマシン5月号より)

予想キャラクターは全250の頂点たる存在

現在の250勢力図を元に、次期ニンジャが取るべき可能性を予想したのが下のマップだ。サーキット特化型でCBR250RRに真っ向勝負を挑む可能性も高いが、ライバルがまだおらずカワサキだからこそできるのが、H2のような250版究極性能路線。今後のアジア経済次第でないとは言えない。

2014年10月号ではネットの画像を分析

本誌’14年10月号で、インドネシアのネットで話題となった250直4エンジンと言われる画像を紹介。本誌検証の結果、画像はZX-6Rのものでフェイクだと判明したが4気筒に対する並々ならぬ憧れを感じることとなった。インドネシアのGDPはこの3年で約1.3倍に増加。高くても買える時代が近づいている。

ニュース提供:ヤングマシン2018年5月号(3月24日発売)

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事