モンキーヒストリーも公開

モンキー125が欧州で発表、黒もある

2018年4月23日、新型モンキー125が国内だけではなく欧州でも発表された。基本的には国内で発売されるモンキー125と変わらないが、車名が「モンキー」となっていたり黒が存在するなどの違いがある。また、モンキーのヒストリーも公開された。

欧州は3色、タイは4色、日本は2色

先日掲載したモンキー125が国内で正式発表の記事には、3月末~4月頭に開催のバンコクモーターショーで展示されたモンキーのタイ仕様やカスタムも掲載したが、その中には日本にはない青と黒のカラーリングが存在していた。そして、同日に欧州で発表された2018年型モンキーにも日本にはない黒が存在。日本は赤と黄色の2色、欧州はさらに黒を追加した3色、タイはさらに青を追加した4色という各仕向け地のカラーバリエーションが明らかになった。またABSについては日本はありとなしを設定、欧州は標準装備、タイはなしとなる模様だが、欧州で配布された黒の写真にはABSが装着されいないのが気になるところだ。

【HONDA Monkey 2018年型欧州仕様】カラバリは、Banana Yellow/Ross White(バナナイエロー×ロスホワイト)、Pearl Nebula Red/Ross White(パールネビュラレッド×ロスホワイト)、Pearl Shining Black/Ross White(パールシャイニングブラック×ロスホワイト)の3色だ。

モンキーの57年の歴史も公開

1961年、東京の遊園地・多摩テックで子供用の乗り物として登場したモンキーは、1963年には公道仕様となってアメリカや欧州に輸出されている。日本で公道版が発売されたのは1967年、その後1969年までにはホイールを5インチ→8インチに拡大して50cc版の基礎を確立していった。2008年にはFI化を果たし、2017年に50周年スペシャルを発売し50cc版の歴史が幕を閉じた。

1961年型。初代は遊園地用の乗り物として生産された。ハンドルは折り畳み式でリジッドサスに5インチホイールを装備。49ccエンジンは約4.2psを発揮した。

1963年型。初の公道モデル。北米と欧州に輸出された。

1967年型。日本では初めて発売されたモデル。ハンドルは折り畳み式でシートも下げられるようになっている。

1970年型。取り外し可能なフロントサスで小型車にも搭載可能になった。

1978年型。ティアドロップタンクを採用した最初のモデル。

1984年型。ゴールドの限定車。

1987年型。ツインチューブフレームとディスクブレーキを装備したRモデル。

1991年型。ツインヘッドライトを装備したオフロードスタイルのバハ。

2004年型。デイトナ100マイルレースでF・スペンサーが優勝したCB750Fカラーを纏った特別色。

2009年型。モンキーリミテッド。最初のFIモデル。エンジンにはローラーロッカーアームやオフセットシリンダーを採用した。

2017年型。日本で発売された50周年車。

ニュース提供:欧州ホンダ

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事