バイク×ドローンという新提案がユニーク

XSR700の最新ヤードビルトは冒険仕様

ヤマハが世界各地のカスタムビルダーとコラボして新たなスタイルを提案するヤードビルトカスタムの最新作が4月19日に公開された。こちらはアメリカで製作されたXSR700をベースにしたRural Racer(ルラル レーサー=田舎のレーサー)と名付けられたカスタムで、ワイルドな冒険仕様になっている。

XSR700をタフギアにカスタマイズ

スタイルを極める欧州のヤードビルトカスタムに比べて、アメリカのカスタマイズは武骨なものが多く見受けられる。特に今回公開されたVELOMACCHI(ヴェロマッキ)のXSR700べ―スのルラルレーサーはアドベンチャー仕様と言っていい装備が特徴だ。ガッチリとしたガード付きのヘッドライトやシートレール部分に搭載された予備の燃料タンク、スポーク化された前後ホイールなどが悪路にもばっちり対応してくれそうだ。

【VELOMACCHI Rural Racer】フロントサスはレーステック製のパーツで強化されている。MT-07をXSR700に仕立てた時にシートレールの角度を落とすためのサブフレームが装備されたが、ルラルレーサーはそれをより延長したものにして積載性を向上させている。マフラーはUSヨシムラの2本出しだ。

バイク×ドローンという新提案

ルラルレーサーのもうひとつユニークなところがタンクの上にドローンを搭載できるところだ。用途はキャンプ地の偵察、ライディング姿勢の確認、同行ライダーの探索などと説明されている。マシンに搭載されているDJI製のMAVIC PROは、65㎞/hの速度で航行することができるだけでなく7㎞の通信距離(日本仕様は4㎞)を確保している4Kカメラ搭載の折り畳み式ドローンで、単なるギミックではなく現実的に役立つこともありそうだ。

バイクにゴープロなどの車載カメラを搭載するのは当たり前になってきているが、バイク×ドローンは新しい。わざわざここに積む必要はないと言えなくもないが、いずれ走行中に離陸させたりできると面白いことになりそうだ。

ニュース提供:米国ヤマハ

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事