東京モーターサイクルショー特集⑦

ドレミのZ900RSならぬZ900MkIIがデビュー

2018年3月16日〜18日に開催された大阪モーターサイクルショーは前年比106%の7万664名の入場者で賑わった。そして今週は東京モーターサイクルショーが3月23日から開催される。その盛り上げのために注目マシンを掲載していくシリーズの第六回。今回は東京で初公開となるドレミコレクションの角Z=Z900MkIIを紹介。

やはり出る! Z900RSの角Z

昨年10月の東京モーターショーで発表されたZ900RS。その時、カスタムプロジェクトのマシンが3車同時に公開されたが、その中の1台を岡山のドレミコレクションが製作を担当していたのは記憶に新しい。そして、3月23日から開催される東京モーターサイクルショーで、ドレミコレクションがZ900RSの新たなカスタム提案を行うこと発表した。それがこの「角Z」だ。
1979年に発売された第二世代の空冷Z=Z1000MkII(国内ではZ750FX)を象徴とする角張ったタンクのモデルを「角」と呼び、丸みを帯びた初代空冷Zシリーズと二大潮流となっているのはZフリークの常識。もちろん、Z900RSがデビューした時から角Z版が期待されたのだが、まずはドレミコレクションがそれに応えるという訳だ。
名称は「Z900RS Mk.2-Style」になる模様で、コンセプトモデルとして出展。キモとなるタンクは、内部にインナータンクを製作しMkIIタイプのタンクカバーをセットするという手法が採られるが、最近だとMT-09とXSR900が同様の手法でイメージを変えることに成功している。テールカウルやサイドカバーは、ドレミコレクションがゼファー750用に製品化したものをベースにZ900RSにフィッティング。ホイールはZ900RSカスタムプロジェクトでも採用されたモーリスの18インチを装着して登場するだろう。
製作途中の下の写真を見るとZ900RSを見事に角Z化することに成功している。ZRX1200ダエグが無き今、角ファンに応えるZカスタム、ビッグサイトで必見だ!

【DOREMI COLLECTION Z900RS Mk.2-Style 参考出品】東京モーターサイクルショーに出展するために製作中のドレミコレクションZ900 Mk.2-スタイル。タンクやサイドカバー、テールカウルはほぼこの形で決まりだろう。ストーンカウルは装着しない状態で展示される。他にもZ900RS Z1-スタイル/J-スタイルが参考出品として3月23日に公開されるので期待!

ドレミコレクションのZ900RSカスタムプロジェクト記事はこちら
トップCG:ヤングマシン
写真:ドレミコレクション

 

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事