東京モーターショー出品車紹介

新型Z900RSをさらにオリジナルZテイストに!

塗装は人気が出そうなライムグリーンとブラックの火の玉カラー。当初、色合いを逆にしてさらにAMAスーパーバイク的なテイストを強める案もあったが、最終的にこのカラーリングに落ち着いたという。今回のタンク本体はオリジナルベースだが、ドレミ・コレクションでは独自のインナータンク+外装カバーも構想中。その際はZ1000mkIIなど角Z風といったバリエーションも実現可能だという。シートはスペシャル加工品だ。

東京モーターショー・カワサキブースに展示された3台のZ900RSカスタマイズモデル。ドレミ・コレクションが作成した車両は、極限までオリジナルZ1のテイストに近づけた究極のレトロカスタマイズだ!

往年のレーサーをオマージュしたカスタム by ドレミコレクション

ライムグリーン×ブラックの火の玉カラーをまとったドレミのZ900RSは、かつてAMAスーパーバイク選手権で活躍した往年のレーサーをオマージュに製作されたカスタマイズモデルで、数々のカワサキ旧車の外装パーツを手がけてきた同社の技がこれでもかとばかりに投入。レトロな灯火類にZ2サイドカバーやテールカウル、精悍な4本出しマフラー、さらにはノーマルで前後17インチのホイールをどちらも18インチとするなど、フロント19&リヤ18インチのオリジナルZの姿に限りなく近づけた。これらパーツは、どれもまだ開発中だが、順次市販化に向けていく予定。’18年春の東京モーターショーには、さらに別のカスタマイズ車両も合わせて公開予定だというので、大いに期待したい。

オリジナルZにさらに近づくサイドカバーやテールカウルはABS製で、同社のゼファー750用カスタマイズパーツをベースに作成。やはり、将来的には角Z系の三角形サイドカバーも再現可能だという。アルミ削り出しのラジエターガードにはオイルクーラーのように見せる工夫も。空冷エンジンであるオリジナルZへのリスペクトだ。エンジンにはダブルクレードル風に見せるダミーフレームを装着。これだけでグッとスタイルにシブみが増してくる。人気アイテムになりそうな予感。

ホイールにはMORRISの18インチマグネシウムホイールを前後に採用。サンスターのKRタイプブレーキディスクと相まって、往年のAMAレーサー的な雰囲気に満ち溢れている。

オリジナルZ風にカスタマイズするなら、ここは絶対に外せないという4本出しマフラーはワンオフのオリジナル品。ユーザーからいち早い市販化を望む声が多く寄せられそうだ。リヤにはHYPER PROの車高調整機構付きサスペンションを装着。リモートアジャスタブルタイプでレーシーさが増している。

ヘッドライトとウインカーは一見ハロゲンタイプに換装してレトロ感を演出……と単純に思ったら大間違い。実はバルブはLEDとなっており、Z900RSの現代的な部分もしっかりとアピールしている。ヘッドライトケースはオリジナルZ1のものを加工して使っている。フォークカバーエンブレムもオリジナル風カスタマイズには欠かせない。ドレミオリジナルのアルミ削り出しトップブリッジにスーパーバイクハンドルバーとアルミ削り出しバーエンドを装着。ブレーキ&クラッチレバーとレバーガードはK-FACTORY製だ。

今回のカスタムプロジェクトは日本だけの試み。欧州ビルダーの作品も見てみたいが、11月7日からのミラノショーではまだ出展されないようだ。

Z900RS CUSTOM PROJECTの特設サイトはこちらへ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事