東京モーターサイクルショーに出品決定

2018新生ランブレッタが国内発売へ

ベスパと双璧をなすイタリアのスクーターブランドがLambretta=ランブレッタ。1971年にイタリアでの生産を終了し、’90年代までインドのSIL社が生産していたが、その後は長らく血筋が途絶えていた。それが、2017年に再びランブレッタ有限会社が設立され、同年のイタリア・ミラノショーでVシリーズを初公開した。そして3月1日、日本国内にサインハウスが正規輸入することが発表された。

幻のブランドが復活するまで

ランブレッタは、ベスパと同じイタリア発祥のスクーターブランド。イタリアらしくファッショナブルなデザインが特徴で、モッズファッションにコーディネートされるスクーターとして国内でもコアな人気があった。しかし、生産が途絶えていたため入手は困難。ベスパよりも希少性が高く幻の存在と言ってもよかった。

それが2010年に復活し、2011年11月のミラノショーで車両を発表。しかし、この時復活したランブレッタモデルは、商標とブランドを無断で使用した「偽物」とされ、創業家のイノチェンティ社から訴訟を起こされ敗訴し、現在では生産した会社も倒産している。その後、本家イノチェンティ社が2017年にランブレッタ社を設立し、2017年11月のミラノショーでV50/V125/V200を正式発表したのだ。

上の2枚はイタリアのランブレッタ愛好者の集会の様子で当時モノのクラシック車両が集まっている。リヤまわりが長いのがランブレッタの特徴で前半部分のデザインはベスパと同系統だ。中段のモノクロ写真は編集部にあった年代不明の紙焼き写真で、インドで生産されていたモデルを国内で試乗しているものと思われる。下段は2011年11月のミラノショーで発表されたランブレッタを名乗るモデル。

東京モーターサイクルショーで国内初公開

2017年に復活したランブレッタは2月下旬から生産開始。国内ではB+COMでお馴染みのサインハウスがインポーターとなり3月23日からの東京モーターサイクルショーで国内初公開されることが決定した。

ランブレッタVシリーズの排気量は50、125、200の3種類が用意され、2つのフェンダー(Fix/Flex)、8色のカラーリングと、その組み合わせでラインナップが構成される。シリーズそれぞれの車体構成の基本は同じで、エンジンやブレーキの構成などが排気量によって異なっている。

3つの排気量に加え、カラーバリエーションが8色とフェンダーが固定もしくは可動タイプでラインナップが構成される(詳細は最下段の紹介へ)。価格はV50が38万円、V125が40万円、V200が45万円と発表されている。

こちらは固定フェンダーの4面スタイリング。リヤ側が長いフォルムは新型でも再現された。ヘッドライトは角型となるが、このデザインは往年のランブレッタモデルにも存在したヘッドライト形状となり、それをオマージュしている。プロダクトデザインはKTMやハスクバーナでも有名なオーストリアのKISKA Design(キスカデザイン)によるもの。

プレミアムスクーターらしく本格的な装備

ベスパといえば自動車のようなモノコックボディ構造が伝統で、現代のモデルでもそれを受け継いでいる。その質感の高さが一線を画すプレミアム性を生んでいるのだが、ランブレッタのボディもスチールモノコック形式を採用。剛性感の高さが走りにおいても高級感を現すものとなるが、車重が重くならないように鋼板の配置とデザインを最適化しているという。

樹脂ではなく鉄の時代からの伝統を受け継ぐスクーターだけに、モノコックボディは外せない装備だ。また、剛性感が走りに余裕と高級感を生み出すのだ。

灯火類はすべてLEDを採用。メーターはアナログのスピードメーターとLCDパネルの組み合わせで燃料計や電圧も表示する。USBチャージャーも用意されており利便性にも配慮。タイヤはピレリ製だ。

ランブレッタ東京ショールームが3月30日オープン(リリースより)

㈱サイン・ハウスでは、ランブレッタ取り扱い開始に伴い、同社本社にほど近い東京都大田区田園調布(都道311号/環状8号線沿い)に瀟洒なショールームをオープン(3月30日開業予定)。ランブレッタのラインアップやライフスタイルをご堪能いただけるほか、バイク用コミュニケーション・システム(インカム)ナンバー・ワンのシェアを誇る「B+COM(ビーコム)」を中心としたサインハウスの人気商品も展示。もちろん、この店舗での車両購入も可能です。また、ほかの店舗でご購入になったランブレッタ・スクーターの修理などもご相談いただけます。(リリースより)

【Lambretta V50 Special 2018年型 価格:38万円 国内発売時期:未定】空冷4スト49.5ccエンジンを装備した原付1種モデル。ユーロ4の排ガス規制に対応している。固定フェンダーに黒とオレンジ、可動フェンダーモデルには赤、青、白、黒の4色がライナップする。写真は可動フェンダーモデルだ。

【Lambretta V125 Special 2018年型 価格:40万円 国内発売時期:未定】空冷4スト124.7ccエンジンを搭載した原付2種モデル。ユーロ4の排ガス規制に対応している。固定フェンダーは、黒とオレンジ、可動フェンダーモデルには赤、青、白、黒、茶の5色がライナップする。写真は可動フェンダーモデルだ。

【Lambretta V125 Special 2018年型 価格:40万円 国内発売時期:未定】空冷4スト168.9ccエンジンを搭載した普通免許モデル。固定フェンダーは、V200専用色のシルバーブルーに加え黒とオレンジ、可動フェンダーモデルには青、白、黒、茶の4色がライナップする。写真は固定フェンダーモデルのシルバーブルーだ。尚、200のみABSを装備する。

ニュース提供:サインハウス

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事