マシン・オブ・ザ・イヤー2018
新型MT-07、MT-09トレーサーも初公開

【ヤマハ】’18モーターサイクルショー出展概要

ヤマハは、“愉しさひろげる。未来がひろがる。”をブーステーマに「第34回 大阪モーターサイクルショー2018」と「第45回 東京モーターサイクルショー」に出展することを発表。併設するワイズギアブースでは、オーセンティックスポーツ外装を装着したXSR700が公開されることも明らかになった。

XSR700のファスターサンズ仕様も?!

展示される車両はヤマハとワイズギア合わせて31台の予定。発表された内容は下記の通りだ。

MTシリーズ:MT-10、MT-09TRACER、MT-09、MT-07、MT-25
Rシリーズ:YZR-M1(#25 M・ビニャーレス車)*、YZF-R25
MAXシリーズ:TMAX530、XMAX、NMAX155
SPORTS HERITAGEコーナー :XSR900、XSR700、SCR950
LMWコーナー:NIKEN*、TRICITY155、TRICITY125
コンパクトスクーターコーナー:Majesty S、シグナスX SR、JOG、VINO
その他YZ シリーズなど ★「MT-07」「YZF-R25」の軽さ体験コーナーを今年も実施 *参考出品モデル

ナイケンはまたがることはできないが、東京モーターショーに出展された車両ではなく、国内仕様の可能性もあるとのこと。MT-07、MT-09トレーサーは国内初公開、MT-09SPの展示も期待できる。さらにスポーツヘリテイジコーナーには、昨年出展されたXSR900ファスターサンズ仕様カスタムのXSR700版も登場するとの情報だ。

XSR700ファスターサンズ仕様の本誌予想CG。ヤマハの提唱する「ファスターサンズ」は、木村信也氏がカスタムしたMT-07改につけられたネーミングが元祖。それがXSR700の原型となり、さらに今回はXSR700のカスタムのテーマとなるようだ。トップ画像の赤と白のストライプを施したオーセンティック外装を装着したXSR700(写真は本誌予想CG)とともに初公開されるだろう。

従来型のイメージを見事に踏襲しつつ、ほぼ全ての外装部品を刷新した新型トレーサー900(写真は欧州仕様)。モーターサイクルショーに出展される国内仕様でもトレーサー900というネーミングに変更されそうだ。

モーターサイクルショーで国内初公開が予定されている新型MT-07。2018モデルはダクトまわりやヘッドライト、フロントフェンダーなどでシャープなイメージに変えられている。またFウインカーも大移動した。

東京モーターショーに出品されたナイケンもサイクルショーデビュー。発売に向けた新情報発表も期待したい。

ワイズギアブースには新作ヘルメットも

ワイズギアブースは、カスタムやメンテナンスの愉しさを演出し、その先にある豊かなライフスタイルを訴求する、“ガレージ to アウトドア”をコンセプトとした“ヤマルーブ・ガレージライフ”を提案。「オーセンティックスポーツ」コーナーでは、熟成を重ねた外装キットに新たなラインアップを追加し、往年のレースマシンとともに展示する。また、今春発売予定のヘルメット「YX-6 ZENITH GIBSON」は、Touch&Tryコーナーを設置し最新機能を体感できるようにした。

上がヤマハで下がワイズギアのブースイメージ。大阪モーターサイクルショーは3月16~18日、東京モーターサイクルショーは3月23~25日だ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018