正規ディーラー・24店舗からスタート

ハーレーダビッドソンが認定レンタルバイクを開始

ハーレーダビッドソンジャパンは、日本の輸入二輪車メーカーでは初となる認定レンタルバイクサービスを開始した。これはハーレーの正規ディーラー網を活用するもので、まずは岩手から沖縄までの24店舗でスタートし、順次拡大していく予定だ。

WEBで24時間いつでも予約可

このサービスでレンタルできるハーレーは、ストリート750からスポーツスター系、ソフテイル系、そして旗艦のツーリング系など幅広い(店舗によって異なる)。発売されたばかりのFLSBスポーツグライドを用意する店舗もあるなど、現在発売中の高年式モデルが中心となる。予約は専用のコールセンターか、24時間対応の専用ウェブサイトから可能となっており、思い立ったら気軽かつ簡単に申し込めるのが特徴だ。

■専用WEBサイト:http://harley-davidson-motorcycle.jp/(24時間受付)

■専用コールセンター:050-6865-2819(10:00〜19:00。年末年始除く)

 

<基本料金表>

※価格は対人(無制限)/対物(1000万円)保険を含む。車両保険は別途。表示価格はエリア、時期、店舗により異なる場合もある。

もっとも手軽(4時間:1万1200円〜)なストリート750からスポーツスター系、最新ビッグツイン・ミルウォーキーエイトを積むソフテイルやツーリング系まで、高年式の機種が用意される。

欧米ではすでに一般的

今までもショップが独自展開するハーレーのレンタルバイクは存在したが、今回の認定レンタルバイクはハーレー正規ディーラーが窓口のため、ヘルメットやジャケットなどのウエア類に加え、シーシーバーやスマホマウントといったパーツ類もハーレー純正品がレンタルできるなど、より深いサービスを提供できる。「ハーレーだけでしか味わえない特別な体験を、より簡単に、もっと手軽に多くの人に経験してほしい」とはハーレーダビッドソンジャパン社長、グレッグ・ウイリスさんの弁だ。

ちなみに、ハーレーの正規ディーラー網を活用したレンタルバイクは欧米ではかなり普及しているサービス。海外旅行客がハーレーでのツーリングを楽しめる体制が整備されているのは、日本でも「ハーレーでアメリカをツーリングしよう!」といった海外ツアーが一般的に企画されていることからも分かるだろう。

訪日観光客が過去最大を更新している日本でも、旅行スタイルの多様化を受けてレンタルバイクによるツーリング需要は高まっているという。今回、認定レンタルバイクサービスを導入したハーレー正規ディーラー「ハーレーダビッドソン三鷹(東京都三鷹市)」の社長・大坪政俊さんも「海外で一般的なハーレーレンタルサービスが日本にもあれば……」と考えていたそうで、国内外を問わず、幅広くハーレーに興味のあるライダーに利用して欲しいと語る。

HDJ社長のグレッグ・ウイリスさん(中央左)、三鷹店社長・大坪政俊さん(中央右)そして同店のスタッフ。三鷹店では最新のスポーツグライドを筆頭に、全6台のレンタル車を用意する。

レンタルの条件は20歳以上の大型二輪MT免許保持者。初回のみ本人名義のクレジットカードが必要となる(2回め以降は現金払いも可)。

正規ディーラーのサービスだけに、ハーレーに精通する専任スタッフによる手厚いサービスも魅力。最新ハーレーの魅力をとことん味わえる。

目当ての車種をじっくり試乗するもよし、目的地までは公共交通機関を利用し、旅先でレンタルハーレーによるツーリングを楽しむもよし。様々な利用方法が考えられるハーレー認定レンタルバイク、車両のラインナップや、全国24店舗からスタートするサービスの導入店舗は、先述の専用WEBサイトで確認してほしい。

マツ

マツ

記事一覧を見る

「西部警察」と「北の国から」をこよなく愛する本誌編集部員。NSR専門誌・PROSPECのほか、フリーペーパーとして復活を果たしたビッグマシン零(ゼロ)の編集長も兼任する。
■1975年生まれ
■愛車:HONDA NSR250R(1992)/HARLEY-DAVIDSON XL883(2009)

この著者の最新の記事

関連記事