赤と黄色の2色にABSも選べる

2018新型モンキー125の価格と発売日

2017年10月の東京モーターショーで発表され、大注目を浴びた新型モンキー125の価格や発売日、カラーリングなどの周辺情報が明らかになってきた。ヤングマシン2月号(12月22日発売)の記事及びCGと新たに入手した写真で”デカ猿”の続報をお伝えしよう。

税込み40万円前後、ABSは+3万円か

東京モーターショーのコンセプト車「デカ猿」ことモンキー125は、そのまま販売できそうな完成度で公開された。あのモンキーらしいフォルムや上質なパーツ群は、嬉しいことにほぼそのまま市販化される模様だ! さらに車体色まで判明。東モで公開のイエローに加え、レッドが用意されるらしい。価格は本誌予想で50版から+5万円程度に収まる見込み。発売は夏頃の予想だ!(ヤングマシン2018年2月号より)

【HONDA Monkey125 2018年型 予想価格:40万円前後/43万円前後(ABS) 予想発売時期:7月】モンキーのスタイルを踏襲しながらLEDライトなどで現代的に。グロム譲りの125㏄空冷単気筒や倒立フォーク+前後12インチで、サイズは実用的になった! 尚、スペックは東京モーターショー以降、追加発表は今のところない。
モンキー125■全長1713 全幅753 全高1030(各mm)■空冷4スト単気筒OHC
グロム■全長1755 全幅730 全高1000(各mm)
モンキー■全長1365 全幅600 全高850(各mm)

現車写真提供:匿名様
モンキー125の詳細解説はこちら
モンキー125のスクープ記事はこちら

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事