まず欧州で発表! GTの価格は?!

2018新型トレーサー900/GTの価格が判明

2018年モデルで初の大幅なモデルチェンジとタイプ追加が行われたTracer900(トレーサー900/日本名MT-09トレーサー)の価格が欧州で発表された。まだ国内仕様のアナウンスはないが、欧州の価格を元に予想してみた。

国内仕様のGTは126万5000円に?!

ここでは正式発表されたイタリアでの価格で新旧を比較してみたい。2017年モデルのトレーサー900は1万290ユーロ(約139万円)で2018年モデルのトレーサー900は1万590ユーロ(約143万円)とおよそ3%アップの4万円高となった。そしてタイプ追加のトレーサーGTは1万2190ユーロ(約164.5万円)で、18.4%アップの25万5000円高となる。日本仕様の2017年モデルは106万9200円なので、この比率をあてはめると2018年型STDが約110万円、GTは約126万5000円となる。新型トレーサー900/GTについては、国内での取り扱いは確定と言えるが価格は検討中との情報。しかし、欧州の価格設定はヒントになると考えていいだろう。

【YAMAHA トレーサー900 2018年型欧州仕様 国内予想発売時期:2018年夏】ボディカラーはNimbus Greyのスタンダード。一見分かりにくいものの、よく見ると従来型との共通パーツはほぼ皆無で、燃料タンクとヘッドライト以外の外装部品はほぼ全て刷新されている。前後シートやグラブバー、燃料タンクのパッドも新作。パニアケースのステーも変更されており、より重量物を積めるハードケース対応(従来型はソフトケース)とされている。

【YAMAHA トレーサー900GT 2018年型欧州仕様 国内予想発売時期:2018年夏】ボディカラーはPhantom BlueのGT。追加された上級仕様のトレーサー900GTは、ボディ同色のハードパニアケースや油圧プリロードアジャスター付きのリヤショック、オートクルーズ、グリップヒーターなどの追加によってツーリング能力をより高めたモデル。TFTフルカラー液晶のメーターや、アウターチューブがゴールドとなるフルアジャスタブル倒立フロントフォーク、アップ対応のクイックシフターなども装備されている。FJR1300が欲しいけれど、ちょっと大き過ぎるし……などというユーザーにはピッタリのハズ。

国内仕様のGTはパニアケースが装着されない?!

ハードパニアが装着できるようになり、ツアラーモデルではトップエンドとなるFJR1300A/ASに準じる位置づけになりそうな新型トレーサー900/GTは、FJRシリーズと同じように国内では上級グレードのパニアケースが標準装備にならないと予想される。そうなると、欧州仕様の価格をあてはめたトレーサー900GTの国内推定価格=126万5000円から下げられるかも知れない。

欧州モデルはイタリアの価格で比較。全てABS仕様。ちなみにFJR1300A/ASの純正パニアケースは7万5600円でワイズギアから発売されている。

2018新型トレーサー900/GTの詳細はこちら

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事