総額1億円オーバーのクルージング!

RC213V-S×5台がもてぎを駆け抜けた!

12月3日にツインリンクもてぎで開催された「ホンダレーシングサンクスデー」のなかで、RC213V-Sのオーナーによるサーキットクルージングが開催!

観客を魅了したVIPなクルージング

ホンダの市販バイクで、ぶっちぎり最高額をいくRC213V-Sのオーナー4人+先導を務めた伊藤真一選手によるサーキットクルージングが本コースで開催。普段の生活で、1台でも駐輪場に停まっていようものならつい写真に撮りたくなるほどのマシンが、5台同時に走る姿を観れる貴重な機会を逃すまいと、大勢のバイクファンがスマホやカメラ片手にピットを囲んだ。

サーキットランは10分間に設定されていたが、前後タイヤウォーマーやレーシングスタンド、専用マット等、ワークスライダー並みのピットまわりとなっていた。

元WGPライダー。8耐やJSBなど長きに渡って国内のレースを牽引し続けている鉄人・伊藤真一選手がワークスマシンと見紛うようなレプソルカラーの213V-Sでピットに登場。サーキットクルージングの先導を務め、参加者のプレミアムな体験に華を添えた。来年も鈴鹿8耐で雄姿が見たいです!

参加者の1人、仲田喜人さんにインタビュー。自営業を営まれている仲田さんは、500㏄時代〜現代のモトGPに対しても同じ熱量で応援するレース好き。購入理由について「人生で1度はこんなバイクを持ってみたくて…。その最後のチャンスが213V-Sだと思いました。このパレードラン以外では、もちろん観賞用ですよ!」と語った。レプソルカラーへの換装も検討中とのこと。

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ホリ

ホリ

記事一覧を見る

ビンテージ・モトクロス好きの本誌若手編集部員。言われたことはなんでもこなす万能タイプ。現在は映像班リーダー。
■1989年生まれ
■YAMAHA SDR(1988)

特集/連載

  1. ナイケン
  2. 兄弟車試乗インプレ対決
  3. 大阪モーターサイクルショー2019
  4. 加藤大治郎と原田哲也の物語
  5. 2019世界の新車総図鑑
  6. 自二車は中型二輪に限る
バイク王
Z900RS x STRIKER