Adventure Sportsにはローダウン仕様も?!

2018アフリカツイン・ビッグタンク国内仕様登場

11月19日、埼玉県のオフロードヴィレッジで開催されたホンダ・オフロードミーティングで、2018モデルで新登場したアフリカツイン・アドベンチャースポーツの国内仕様試作車が初公開された。タンクには30周年を祝うラベルが貼られるとともにコーションラベルも日本語に。また、11月7日にミラノショーで発表された欧州仕様のシート高は900mm/920mmと発表されたが、日本仕様はもっと低そうだ。

日本でもADV仕様の登場が確実に

11月7日のミラノショーで2018年型のアフリカツインが発表され、エンジンの電スロ化などのアップデートと追加バリエーション「Adventure Sprots=アドベンチャースポーツ」が発表されたのは記憶に新しいところ。そして今回、日本仕様試作車のアフリカツイン・アドベンチャースポーツが公開されたが、欧州仕様と異なる部分もあるとの情報を得たのでそれも紹介しよう。

【HONDA CRF1000Lアフリカツイン アドベンチャースポーツ 2018年モデル 国内仕様試作車 予想発売時期:2018年4月】ホンダ・オフロードミーティングで初公開された車両。ビッグタンクやハイウインドスクリーン、フロントサイドパイプ、大型アンダーガード、専用サイドカバー、専用リヤキャリアなど特別装備は欧州仕様と同じだ。2018年モデルの価格はSTDが145/155万円(DCT)でADVが160/170万円(同)と予想される。

ADVの燃料タンク容量は18→24Lに

欧州仕様ではスペック表記が18.8L→24.2Lと表記され、5.4L増。一方国内は現行モデルの表記が18L、ADVでは24Lと表記されるだろうから数値上では6L増となるが、実質は欧州仕様と変わらないだろう。これにより航続距離は500㎞を突破すると説明されている。タンク形状は下に伸びるとともに幅もワイドになった。

張り出しが増した感のあるビッグタンク仕様。跨った時の印象も異なるだろうが、BMW R1200GSアドベンチャーの30Lタンクに比べると普通の範囲?! と言えそう。

日本にはローダウン仕様が用意されそう

ミラノショーで発表されたアドベンチャースポーツのシート高はSTDの850/870mm(シートは2通りの高さを設定できる)に対して900/920mmと発表された。これはフロントサスのストローク量がSTDの230→252mm、アクスルトラベル量は204→224mm、リヤはストローク量220→240mm、アクスルストロークを94→101mmに延長されたことが影響しているが、国内仕様はローダウンが設定されるという情報だ。

国内仕様のアドベンチャースポーツは欧州仕様より30mm低く設定されるという。さらにローシートを装着するとSTDよりも低く設定することもできそうだ。2016年にアフリカツインが国内でも発売された時点で30mmダウンのローシート(写真下)が用意されたが、オプション設定だった。2018年型アフリカツイン・アドベンチャースポーツのローダウン仕様がサスによるものかシートによるものか詳細は不明だ。

アドベンチャースポーツには大型のアンダーガードが標準装備。岩などがヒットしてもダメージを抑えてくれる。

STD、アドベンチャースポーツともに2018年モデルで電子制御スロットルを装備し、電脳面が大幅に進化。それに伴いメーターもアップデートされた。2018年モデルのライディングモードは、「ツアー、アーバン、グラベル」のほか、ユーザーモードを用意。出力特性に応じてエンジンブレーキとトラコンも同時に連動する。

↓諸元は欧州仕様での比較です。

撮影:長谷川 徹

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事