話題のカタナ3.0も含めて生解説

ミラノショー動画レポート【その1】

東京モーターショーに続き、イタリアはミラノで開催された’18ニューモデルの祭典「EICMA 2017」の模様を、ライター・八百山ゆーすけとヤングマシン・ホリDが現地取材。今回は外車を中心に注目モデルのレポートをお届けします。

約35分で21台を解説

今回のムービーは外車が中心です。途中、イタリアのエンジンズ・エンジニアリングが手がけた“カタナ3.0”も登場します(25分頃)。実車のサイズ感やデイライトの点灯パターン、メーター表示や新時代を思わす最新機能などを、ライター・八百山ゆーすけが解りやすく解説しています。

 

登場機種

DUCATI

パニガーレV4 スペチアーレ

959パニガーレ コルサ

スクランブラー1100/スペシャル/スポーツ

Xディアベル S

 

BMW

K1600 グランドアメリカ

C400X

F750GS/F850GS

 

TRIUMPH

タイガー800

デイトナ765+モト2エンジン

 

ROYAL ENFIELD

コンチネンタルGT/インターセプター

 

KTM

790 デューク

790 アドベンチャーR 【プロトタイプ】

 

Engines Engineering

カタナ3.0

 

HUSQVARNA

ビトピーレン 701/401

シヴァルトピーレン 701/401

八百山ゆーすけ

八百山ゆーすけ

記事一覧を見る

モーターサイクルを中心に高速道路料金やETC、渋滞解消のような交通問題まで、乗り物に関するテーマの記事を、雑誌や書籍、Webに寄稿しているフリーランスのライター。乗り物以外にも、カメラ、ケータイといった男子系ガジェットに加え、最近ではドローンまで、幅広いジャンルを扱っている。

この著者の最新の記事

関連記事