北米などで2018新型GSX-R750/600も

スズキが2018新型ハヤブサを海外で発表

  • 2017/11/3

アメリカやオーストラリア、ニュージーランドなどでハヤブサやGSX-R750、GSX-R600などの2018年モデルが発表された。日本やヨーロッパで新型を発売するには新ガス規制への対応が必要なので現在でも2017年モデルが継続販売されているが、アメリカなど規制適用外の地域ではニューカラーが投入された形だ。2018新型ハヤブサは、グラフィックは2017年モデルを踏襲しつつ、鮮烈な白と赤のツートンカラーと黒×赤の2色が設定されている。

SUZUKI HAYABUSA 2018年モデル 正式写真】パールミラレッド×パールグレイシャーホワイト(上、新色)、グラススパークルブラック(下、新色)

東京モーターショーでは国内2017モデルを出展

一方、東京モーターショーのスズキブースに出展されているハヤブサは現行2017年モデル。アメリカ向けに2018年型のニューカラーが発表・生産されても、国内向け二輪車はこの8月いっぱいで平成28年排ガス規制に対応していないモデルの生産が終了しているため、8月までに生産された2017年モデルしか販売することができないためだ。以前、国内で生産終了が発表されたヤマハSR400の2018年モデルがアメリカで発表されたことも記事にしたが、それも同様となる。

【SUZUKI 隼(ハヤブサ) 2017東京モーターショー出展モデル】市販車として出展されていることから国内における隼の販売は、しばらく続けられると思われる。

【SUZUKI GSX-R750 2018年モデル 正式写真】キャンディダリングレッド×グラススパークルブラック(上、新色)、メタリックグレー×グラススパークルブラック(中、新色)、グラススパークルブラック×メタリックトリトンブルー(下、継続色)

【SUZUKI GSX-R600 2018年モデル 正式写真】メタリックミスティックシルバー×パールグレイシャーホワイト(上、新色)、メタリックマットブラックNo.2(中、継続色)、グラススパークルブラック×メタリックトリトンブルー(下、継続色)

【車両ブランド】ホンダ(全記事)ホンダ(車両別)ヤマハ(全記事)|ヤマハ(車両別)スズキ(全記事)|スズキ(車両別)カワサキ(全記事)|カワサキ(車両別)BMWドゥカティトライアンフKTMハーレーダビッドソンその他外国車 【バイクカテゴリー】スーパースポーツスポーツ&ツーリングネイキッドヘリテイジ&ネオクラシックアドベンチャー&オフロードクルーザースクータービジネス&レジャー電動バイク名車/旧車/絶版車 【免許&排気量】大型二輪[1001cc〜]大型二輪[751〜1000cc]大型二輪[401〜750cc]普通二輪/ミドル[251〜400cc]普通二輪/軽二輪[126〜250cc]原付二種[51〜125cc]原付一種[〜50cc] 【キーワード】特集連載試乗インプレモトGPヘルメットウェアバッグマフラータイヤ青木宣篤岡崎静夏下川原リサ原田哲也丸山浩 【参加メディア】ヤングマシンモトツーリングプロスペックモトメカニックウィズハーレーゴーライドモーサイライドハイ