北米などで2018新型GSX-R750/600も

スズキが2018新型ハヤブサを海外で発表

アメリカやオーストラリア、ニュージーランドなどでハヤブサやGSX-R750、GSX-R600などの2018年モデルが発表された。日本やヨーロッパで新型を発売するには新ガス規制への対応が必要なので現在でも2017年モデルが継続販売されているが、アメリカなど規制適用外の地域ではニューカラーが投入された形だ。2018新型ハヤブサは、グラフィックは2017年モデルを踏襲しつつ、鮮烈な白と赤のツートンカラーと黒×赤の2色が設定されている。

【SUZUKI HAYABUSA 2018年モデル 正式写真】パールミラレッド×パールグレイシャーホワイト(上、新色)、グラススパークルブラック(下、新色)

東京モーターショーでは国内2017モデルを出展

一方、東京モーターショーのスズキブースに出展されているハヤブサは現行2017年モデル。アメリカ向けに2018年型のニューカラーが発表・生産されても、国内向け二輪車はこの8月いっぱいで平成28年排ガス規制に対応していないモデルの生産が終了しているため、8月までに生産された2017年モデルしか販売することができないためだ。以前、国内で生産終了が発表されたヤマハSR400の2018年モデルがアメリカで発表されたことも記事にしたが、それも同様となる。

【SUZUKI 隼(ハヤブサ) 2017東京モーターショー出展モデル】市販車として出展されていることから国内における隼の販売は、しばらく続けられると思われる。

【SUZUKI GSX-R750 2018年モデル 正式写真】キャンディダリングレッド×グラススパークルブラック(上、新色)、メタリックグレー×グラススパークルブラック(中、新色)、グラススパークルブラック×メタリックトリトンブルー(下、継続色)

【SUZUKI GSX-R600 2018年モデル 正式写真】メタリックミスティックシルバー×パールグレイシャーホワイト(上、新色)、メタリックマットブラックNo.2(中、継続色)、グラススパークルブラック×メタリックトリトンブルー(下、継続色)

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事