東京モーターショー出品車紹介

3輪スポーツLMW、2018年に市販化へ

’15年の東京モーターショーで展示されたスポーツタイプの大型LMW(リーニング・マルチ・ホイール)が、今年も登場。二刀流を意味する、その名も「NIKEN」(ナイケン)だ。ヤマハの柳弘之社長が「2018年の投入」を明言しており、市販版に近いバージョンと思われる。

ムサシのようにコーナーを斬る!?

LMWは、前2輪+後1輪ながらバイクのようにバンクできる新感覚の乗り物。’14年に登場したトリシティでおなじみで、誰もが安心してコーナリングを楽しむことが可能だ。前回の東モでは、MT-09の並列3気筒849ccを積むMWT-9が披露。スクータータイプではなく、スポーティなバイク然とした初の3輪モデルとして大きな話題を呼んだ。

そして’17年、装いも新たに「NIKEN」(ナイケンと読む)として姿を現した。フロントの2本フォークが宮本武蔵のような「二刀流」に見えることから「二剣」=NIKENと命名。プレスカンファレンスで柳弘之社長が東京モーターショーの大型LMW(リーニング・マルチ・ホイール)の「2018年の投入」を明言した。

フロントマスクがよりクールに進化。MT-09似のプロジェクター式4眼LEDヘッドライトを備えた。MWT-9よりフェンダー兼カウルがワイドになり、迫力がアップした。トリシティでは前2輪を支持する4本のフロントフォークは内側配置だが、深くバンクすると干渉してしまう。そこでMWT-9やNIKENでは外側に置くことで、バンク角を確保。LMW機構も剛性が必要なためか非常にゴツイ。フロントは15インチで、開発者によると「ステアリングは意外と軽快」とのこと。

CP3=クロスプレーン3気筒エンジンを独自のパイプフレームに搭載。フレームの形状はMWT-9と異なるトレリス式となった。駆動方式はチェーン。

11月6日、全てが明らかに?

開発者のガードは固く、具体的な情報はほぼ得られなかったが、やはり市販版に近いバージョンと思われる。リリースに「さまざまに変化する路面や、コーナーが続くワインディングロードを自在に駆け抜ける高いスポーツ性能を実現」とあるように、LMWの安心感&安定感とMT-09の動力性能が融合すれば、超コーナリングマシンが完成することは確実だろう。11月6日のミラノショーで「full information」が明らかになるとのアナウンスが。詳細はしばし待つべし!

メーターはMT-10とよく似ているが、こちらは反転液晶を採用。電源らしきソケットも設置し、モード切り替えやクルーズコントロールのスイッチもハンドルに備える。各部に既存モデルの流用らしいパーツが散見し、かなり現実的なのでは? なお、ハンドルはかなり手前&高めの設定で、リラックスしたもの。足着きも悪くなさそうだ。

■全長2150 全幅885 全高1250(各mm)■水冷4スト並列3気筒DOHC4バルブ

ヌマ王

ヌマ王

記事一覧を見る

ヤングマシン編集部出身の敏腕フリーライター。特にバイクの社会&時事ネタに詳しく、20年以上にわたって特ダネを追い続けている。趣味はユーラシア大陸横断。

この著者の最新の記事

関連記事