東京モーターショー出品車紹介

1億台記念! ゴールデンなカブ出現

世界累計の生産台数・1億台を達成すると同時にフルモデルチェンジ。丸目ヘッドライトのスタイリングへ回帰し、さらに生産国も中国から日本(熊本製作所)へと変更された新型スーパーカブ50/110。この東京モーターショーにももちろん展示されているが、そこにはひときわ目立つ「金色のカブ」もお披露目されている。

派手すぎず地味すぎない、絶妙なゴールド

これは新型の110を基に製作された「1億台記念車」。全身を染めるゴールドカラーには最新の光輝材塗料が使用されており、キラキラしたフレーク感と嫌味のない大人っぽさを併せ持つ。そこに赤を差し色的に使っているのがカラーリング上のポイントだ。ツートーンのシートや、「100MILLION」と「60」の文字をアレンジしたサイドカバーエンブレム、「SuperCub」のロゴ入りシート下エンブレム、ヘッドライト下のダミーグリル、そしてメーターの文字盤もレッドとされている。

さらにエンジンやチェーンカバーをガンメタ仕上げ(ノーマルはシルバー)とし、スイングアームやリヤショックの上部カバー、キャリヤまでボディと同色のゴールドに塗装(ここもノーマルはメッキかシルバー)。ノーマルで黒樹脂仕上げのミラーはメッキタイプとし、レッグシールド右側には初代スーパーカブ・C100風のエンブレムを貼付するなどの小技も。STDと異なるパーツはやや小ぶりなキャリヤとスリット入りのマフラーカバー程度(後者は新型クロスカブ用か?)なのだが、カラーリングや小物使いのセンスによって、ノーマルよりもグッと落ち着いた雰囲気を醸し出している。

市販されなかった「幻の金カブ」がモチーフ

ちなみに「金色のカブ」は、‘71年に鈴鹿製作所の二輪車生産累計が1000万台に達したときにも製作されており(市販はされなかったが)、今回の1億台記念車はこれを現代流にアレンジしなおしたもの。現状では市販予定のない参考出品車ではあるが、反響次第で発売は十分にあり得るだろう。

’71年に製作された、鈴鹿製作所二輪車生産累計1000万台記念車。エンジンやブレーキドラムも金色なうえ、花柄のシート地がポップ! ベース車はいわゆる「行灯カブ(ヘッドライト下に行灯に似たポジションランプを装備する)」ですね。

 

マツ

マツ

記事一覧を見る

「西部警察」と「北の国から」をこよなく愛する本誌編集部員。NSR専門誌・PROSPECのほか、フリーペーパーとして復活を果たしたビッグマシン零(ゼロ)の編集長も兼任する。
■1975年生まれ
■愛車:HONDA NSR250R(1992)/HARLEY-DAVIDSON XL883(2009)

この著者の最新の記事

関連記事