東京モーターショー出品車紹介

2018年型CRF250ラリーに新色登場

大人に似合うシックな新色デビュー

本格的な装備の250アドベンチャーに、黒×銀とラインをあしらった落ち着きのある新色が登場。従来はラリーイメージのレッド1色だったが、「ストリートに似合うシックなカラーが欲しい」との要望に応え、’18モデルとして市販化する。変更点は車体色のみで、従来の赤も併売。イメージが大きく異なる2色から選べることになる。

CRF250ラリー[市販予定車]

 

【以下、メーカーリリースより】

重厚かつ躍動感にあふれる、ブラックとシルバーの装い。
快適な高速巡航を可能とする、ウインドプロテクション性能に優れた大型スクリーンやラリーマシンと同様のフレームマウントの左右非対称の二眼LEDヘッドライトを採用するなど、CRF450 RALLYを彷彿させる軽二輪アドベンチャーモデル「CRF250 RALLY」。アグレッシブな印象のエクストリームレッドに加え、様々なシーンに似合うブラックを設定。前後フェンダー、フロントフォークプロテクター、シュラウド、シートをブラックに、そしてシルバーのサイドカバーに新配色のストライプを施すことで、硬質で躍動感にあふれる外観としています。

全長:2,210mm 全幅:900mm 全高:1,425mm
エンジン種類:水冷 4ストロークDOHC 4バルブ 単気筒 総排気量:249 cm3

※出展車両のラインアップ、ならびに仕様等は、予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

 

【メーカーサイトへ】

ヌマ王

ヌマ王

記事一覧を見る

ヤングマシン編集部出身の敏腕フリーライター。特にバイクの社会&時事ネタに詳しく、20年以上にわたって特ダネを追い続けている。趣味はユーラシア大陸横断。

この著者の最新の記事

関連記事