1993~2018プロジェクトBIG-1の歩み

祝25周年! 2018新型CB1300SF&SBが発売

「プロジェクトBIG-1」コンセプトによって1992年に生まれたCB1000&400スーパーフォア。この秋は1992年11月24日に発売したCB1000SFから25周年を迎えるとともに、2018年モデルの新型が発表されるという節目のタイミングとなった。ここでは本日発表された2018新型CB1300SF&SBを紹介するとともに、「プロジェクトBIG-1」の25年の歩みも振り返ってみたい。

1991年10月の東京モーターショーに出展されたコンセプトモデル「CB1000スーパーフォア」(写真上)。プロジェクトBIG-1コンセプトに基づいて開発された堂々たる佇まいは見る者を圧倒。登場とともに大きな注目を浴び翌1992年11月24日に発売が開始された。それから25年、2017年10月20日に全面刷新した新型CB1300スーパーフォア(写真下)とスーパーボルドール(トップ写真)が発売する。

1993年、BIG-1が第一歩を踏み出す

ネイキッドがブームになりつつあった1991年の東京モーターショーで、ホンダは「プロジェクトBIG-1」を標榜したコンセプトモデル・CB1000スーパーフォアを出展した。

◎水冷・4サイクル・DOHC・直列4気筒エンジンを搭載していること。 
◎その体躯はあくまでもセクシー&ワイルドであること。 
◎走る者の心を魅了する感動性能を有すること。

プロジェクトBIG-1はこの3点を基本方針としている。 このコンセプトを受け継ぎ市販版のCB1000スーパーフォアは1992年11月に発売。1994年にはビキニカウルを装着したT2が追加されるとともにリヤサスのフルアジャスタブル化などの変更を受けた。

1992年11月に発売されたCB1000スーパーフォア(写真上)は瞬く間にベストセラーに。翌1994年にはビキニカウル仕様のCB1000スーパーフォアT2(写真下)も追加された。

1998年、初代1300はとにかく巨大だった

XJR1200、ZRX1100といったCB1000SFを超える排気量のライバル出現で、ビッグネイキッド界は重厚長大化していった。ホンダはこれぞ王者の風格とばかりに最大排気量の1284㏄でこれに応戦。車格もさらに迫力のデカさとなった。車重は従来比+13㎏の273㎏。リヤ2本サスにダブルプロリンク機構を用いるなど新機軸も投入されている。最高出力は100㎰。

1998年にCB1300スーパーフォアにフルモデルチェンジ(写真上)。マッスルクルーザーのX4譲りの1284ccエンジンに変更するとともにリンク式のリヤ2本サスを採用した。2001年モデル(写真下)は二次空気導入装置の採用で排ガス規制に対応。同時にフロントブレーキキャリパーを6→4POT化するとともに各部見直しで5㎏の軽量化を果たした。

2003年モデルで今につながるフルチェンジ

重厚長大化のトレンドは、世界的にユーザーがその大きさについていけず終了。フルモデルチェンジとなるSC54型ではFI化とともにビッグスポーツネイキッドの原点に立ち戻り20㎏もの軽量化が行われた。フラッグシップとしての迫力を保ちながら軽快なハンドリングを見せるSC54型は、それから幾度に渡る熟成や派生モデルの登場を行いながら現代まで続く。最新’18もこれがベースだ。

2003年型(写真上)でフルチェンを果たしたSC54型だが、カウル仕様待望の声が高まりだす中、鈴鹿8耐S-NKクラスに出場したマシンをモチーフに100台限定のドリーム店特別仕様が登場(写真左上)。モリワキマフラーやセパレートハンドル、PIAAヘッドライトで武装していた。2005年には、正式ラインナップとしてスーパーボルドールが登場(写真下)。アップライトなライポジやインナーパネル両脇の小物入れなどで、高速道路二人乗り解禁と同時にツーリングユーザー中心に絶大な支持を得ることとなった。またSF、SBともにABS仕様が追加された。

2010年はST誕生、2014モデルで5→6速に

2008年モデルで、H19年排ガス規制適合とともに前年の馬力自主規制撤廃を受けたホンダ第1号車としてパワーアップ。しかし、バランスを崩すことをよしとせず100→101㎰と最適化に近かった。さらに2010年モデルでは、’03以来のカチ上がったテールカウルが、落ち着きのあるテイストに変更。同時にライポジもアップライトなものとなり、サイドバッグ標準装備のスーパーツーリングを追加するなど、全体的にオトナのユーザーを意識したモデルチェンジを行った。そして、2014年モデルで長距離走行の快適性を高めるためにミッションを6速化。トップ&サイドケース装着のためにフレーム剛性バランスも見直された。

白バイ車両と同じハンドルやマフラーを採用したスーパーツーリング(写真上)のパニアケースはメインキーでロックできるように配慮されていた。2014年モデルのスーパーボルドール(写真下)は、ホンダのバイクで初めてフルLEDヘッドライトを採用した他、ホイールは10本スポークの新作に。サイドカバー絞り込みで足着き性も向上した。またABSは前後連動が廃止され通常タイプに変更。

2018年はスーパーフォアがフルLEDライトに

10月20日に発売の2018年型CB1300スーパーフォアは、400SFとともにCB1100RS/EX譲りの丸型フルLEDヘッドライトを採用。なお、1300のみウインカーもLEDとなっている。タンクの上に誇らしげな25周年のエンブレムは、400&1300シリーズ全車に貼り付けられている。

最新2018年型CB1300スーパーフォアとCB1300スーパーボルドールの新旧比較と詳細解説はこちらへ。

最新2018年型CB400スーパーフォアとCB400スーパーボルドールの新旧比較と詳細解説はこちらへ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事