日本GPヤマハブース展示車を撮影

XSR700ABS国内仕様がもてぎでお披露目

10月4日に正式発表された国内ブランニューとなるXSR700が、日本GPが開催されているツインリンクもてぎに展示された。発売日は11月6日と少し先になるが、撮影や跨りもできたのでレポートしよう。このマシンはヤマハブースに10月15日まで展示されている。

カッコよさは900と同等、軽くてスリムだ

2016年に発売されたXSR900に続いて、レトロな外観と最新技術によるパフォーマンスを両立させたネオクラモデルが登場した。XSR700は軽量&コンパクトで定評のツインエンジンを採用したMT-07をベースとしており、XSR900より約10㎏軽量でかつスリムに仕上げられている。価格は約90万円で900より約14万円安いが、部材やデザイン性に差はなくネオクラモデルに重要なルックス的要素は互角と言っていいだろう。タンク表面に露出している部分はアルミ製のタンクサイドカバーで、ツートンになっている銀の部分はアルミ地となっている。欧州ではXSR700の方が先に発売されており、このあたりの手法は900より先に採用されているのだ。他にもヘッドライトステーやラジエターサイドカバー、フロントフェンダーステー、ハンドルなどにもアルミ材を使用し素材感を強調している。

【YAMAHA XSR700ABS 価格:89万9640円 発売日:11月6日】

XSR900と同じで足着き性はそこそこ

XSR700のシート高は835mmでXSR900より5mm、またベースモデルのMT-07よりも30mm高く設定されている。XSR700は厚みのあるダブルシートを採用しており、これが往年のXS650を想起させるポイントのひとつで、スタイルを構成する上で欠かせない要素となっているのだ。

ライダーは身長171cm/体重71㎏。両足のつま先はしっかりと接地するので全く不安はない。アップハンドルなので上体はリラックスできる。

ボルトオン式リヤフレームで尻下がりのデザインとしたスタイルがMT-07との最大の違い。水平基調をモチーフとしたボディラインを採り入れており、ヘッドライトからタンク、シートまで連続する滑らかなライン構成としている。それがオーセンティックな雰囲気を生み出しているのだ。

ディテールにもこだわりが息づいている

マフラーエンドはフィニッシュにサンドブラスト加工が施されているだけでなく、サークル形状=円形をモチーフにデザインされた。サイドカバーやフロントフェンダーステーにも円形の肉抜き加工を施すなどこだわりのディテールが随所にみられる。ピレリ製ファントムタイヤも機能だけでなく、定番のアイテムと言えるのだ。

灯火類もサークル形状を意識したデザイン。ヘッドライトはハロゲン球、テールランプをLEDとなっている。

円形のメーターには、速度やギヤポジションインジケーター、時計、燃料計が装備される。タコメーターは外周を囲むように表示されレッドゾーンは10000rpm~となる。

タンクやシート後方にはXSR700のロゴマークが。書体もこだわったデザインで質感も高い。

ブレーキはABS標準装備でフロントはWディスク。このあたりはベース車のMT-07と共通だ。

エンジンは270度クランクの並列2気筒688cc。スペックもMT-07と共通。

■主要諸元■全長2075 全幅820 全高1130 軸距1405 シート高835(各mm) 車重186㎏■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ688cc 内径×行程 80×68.5mm 73ps/9000rpm 6.9㎏-m/6500rpm 6段リターン 燃料タンク容量13L■ブレーキF=Wディスク R=ディスク■タイヤF=120/70R17 180/55R17

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事