グレムセック101でシュワンツと対決も

スペンサーのCBR1000RR改はカフェレーサー?!

グレムセック101の1/8マイルレースに参戦したフレディ・スペンサー氏とCBR1000RR SP改。

今年もドイツで12回目となる「グレムセック101」(9月1~3日)が開催された。カスタムバイクと1/8マイル(約200m)ドラッグレースの祭典で、元々はカフェレーサーカスタム愛好者の集まりだったものが今や欧州最大と言われるイベントに発展している。ホンダなどのメーカーも参加しており、今年はCBR1000RR SPのカスタムが目を引いた。

どんなベースマシンもカフェレーサーに

ホンダ欧州が今年のグレムセック101の参加レポートを配信し、CBR1000RR SP改について解説した。それには「CBR1000RRファイアーブレードSPは、グレムセック国際スプリントレースのためにストリップにされシャープに研ぎ澄まされた。アルミ製リヤフレームとカーボンカウルはSBKスタイル。ロングスイングアームとアルミ製燃料タンクは、世界耐久レース用のパーツをチョイス。クランクケースカバーとアクラボヴィッチ製のフルチタンエキゾーストはワンオフ」と記されている。まるでビッグレースに参戦するかのような印象だが、基本はお祭り=遊びの延長線上だ。スペンサー氏はトーナメント1回戦を突破したが、2回戦でVFR1200F DCT改相手に惜しくも敗退。レポートでは「DCTの電光石火のスタートとシームレスなギヤチェンジ」とさりげなくDCTの優位性もアピールしていた。

スーパースポーツのCBR1000RRがカフェレーサー風になるのも驚きだが、スペンサー氏と対戦したこのVFR1200Fはもっと驚きのカフェレーサー改だ。

左がVFR1200F DCT改。地面に張り付くように加速していく様は、さすがDCT。対してCBR1000RR SPはレースキットを装着するとローンチコントロールが可能となるが、今回はストリートカフェレーサー仕様なので電子制御はノーマルと思われる。スタートで勝負ありと言ったところか。

シュワンツもGSX-R1000Rで登場!!

9月3日のデモンストレーションランには、GSX-R1000R&ケビン・シュワンツ氏も登場し、スペンサー氏ととも走行した。3日間に渡り、数万人規模で実施されるイベントだけにゲストも豪華。出展されるカスタムもレベルが高い。

世界チャンピオン二人の記念撮影。開催地のレーオンベルクはその昔公道レースが開催されていた街で、この1/8マイルレースはそのコースの一部を使用している。モータースポーツ文化を育んだ土地ならではのイベントなのだ。

CB750Fカフェレーサーがカッコいい

今回ホンダブースに出展されたカスタムビルダーの作品で旧車ベースは4台。CBR1000RRつながりを意識してか、世界初の量産スーパーバイクCB750F改をメインとしていた。カスタムビルダーの間で長年にわたって愛されてきたCB750Fは、元MX1選手であるビリー・マケンジーの作品。 彼の黒と赤にカラーリングされたCB750Fは、ベースマシンのプロポーションに干渉することなく、フレームのラインと空冷インライン4エンジンを誇示するようデザインされている。

続いてCX500は横置きVツインエンジン搭載で、こちらもカスタムビルダーに人気。 キングストンカスタムが製作した2台のCX500がホンダブースに展示された。’80年代前半に発売されたホンダのターボチャージャーモデルをベースしている。

より素の状態に近づけたというCB750F改。CX500改はターボをベースとしており、グリーンのモデルにはそれが生かされている。

ニュース提供:欧州ホンダ

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

特集/連載

  1. ナイケン
  2. 加藤大治郎と原田哲也の物語
  3. Moldel A(A型)
  4. 自二車は中型二輪に限る
  5. 2019世界の新車総図鑑
  6. HONDA CROSS CUB 110/50
  7. 2018年○と×
  8. 兄弟車試乗インプレ対決
バイク王
Z900RS x STRIKER