国内仕様もこうなる!

2018新型XSR700が海外で正式発表

【YAMAHA ’18 XSR700 海外正式写真 国内予想発表時期:10月上旬】

日本だけでなく北米でも未発売だったXSR700が’18モデルとして一足先に北米と欧州で正式発表された。本誌WEBでも既報の通りこれは国内では10月に正式発表の見込みだ。

赤の新色が登場! 価格は90万円前後!?

921日、ヤマハが欧州と北米でXSR700XSR900(別記事に掲載)2018年モデルを正式発表した。900は発売済みだった2017年モデルからのカラーチェンジで、700は北米ではブランニューモデルとなる。XSR700は欧州で’15年末に発売されていたが、フランス生産のため各地域への導入は見送られていたモデル。これがついに北米だけでなく日本でも10月に正式発表となる見込みだ。同時に900もカラーチェンジを果たすだろう。価格は北米でXSR9009499ドル、XSR7008499ドルで差額は1000ドル(約113000円)。国内でのXSR900の価格は約104万円なので、単純計算だと’18 XSR700は国内で90万円強となるが果たして。

カラバリは新色の赤がメインで、1972年型XS2(右)をベースにデザインされたブリリアントレッドを新採用。欧州の継続色であるシルバーとの2色展開が北米のカラーバリエーションとなる。欧州では他に艶消しのテックブラックを加えた3色展開だ。

’18 XSR700のカラーバリエーション。上からブリリアントレッド、ガレージメタル、テックブラック。いずれも欧州仕様だ。国内のカラバリもこれを踏襲すると思われるが2色展開か3色展開かは不明だ。

べース車となるMT-07から主に外装パーツとシートレールを変更。タンクがカバードタイプとなっているのはXSR900と同じ。タンクカバー両サイドはアルミ製のパネルとなっている。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事