Z900RSだけではないぞ

2018XSR700がついに国内正式発表へ

【YAMAHA ’18 XSR700 予想CG 予想発表時期:10月】

国産ネオクラシックモデルの動向が熱くなってきた。95日にティザー動画が公開され、大きな反響を呼んでいるカワサキのZ900RSだけではない。欧州で発売されてから間もなく2年、長らく国内での発売が待たれていたXSR700がついに正式発表となる見込みだ。

10月に’18 XSR900と同時発表か

遡ること20157月、欧州でヤマハのXSR700が発表された。日本人トップビルダーの木村信也氏が手掛けたMT-07のカスタム「Faster Son」がそのルーツで、コンセプトを引き継いで11月に発売となった。エンジンや車体はストリートファイターのMT-07そのまま。外装だけでネオクラシックモデルに仕立てるというこれまでにない手法だったが、納得のカッコよさに国内でも話題となった……が、XSR700はフランスで生産される現地モデルということで、国内発売は実現してこなかったのだ。情報によると10月に国内で正式発表され、年内には発売する見込みだ。恐らく日本で生産する準備が整ったのだろう。また、XSR700より後発で2016年に欧州と日本で発売されたXSR900も同時に平成28年排ガス規制に対応するとの情報なので、カラーリングの更新などが行われる可能性が高いだろう。

国産ネオクラ・スケジュール予想

’18 XSR700 10月発表 年内発売見込み 89万円前後 ※ABSで予想

’18 XSR900 10月発表 年内発売見込み 105万円前後 ※ABSで予想

’18 Z900RS 10月25日発表 1月発売見込み 110万円前後 ※ABSで予想

4気筒のカワサキは少し高めか

価格は、北米での販売価格や国内でのMTXSRの価格差などを当てはめてみたもので比較。カワサキは排気量や気筒数、ホイールなどの専用装備を考慮して予想するとXSR900よりも高くなるかも知れない。’18 Z1000が国内で約115万円で発売されていることからそれよりは下回るだろう。発表・発売時期は情報を元にした予想で、カワサキのZ900RSについては東京モーターショーのプレスデーである1025日の発表が決まっている。2018年は、国産のネオクラシックが一気に3台そろい踏みだ。

写真はXSR700が生まれるきっかけとなった木村信也氏作のFaster Son。MT-07をベースに木村氏独自の外装が与えられている。このマシンのPV(Chapter 0)には、XS-1に乗る父親が登場する回想シーンの後、父より受け継いだXS-1ではなくMT-07をカスタムベースに選ぶ場面がある。Faster Sonとは人もマシンも前の世代を受け継ぎつつ超えてゆくことを意味しており、XSR700やXSR900が現代のマシンをベースにしている理由もそこで示唆しているのだ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事