カタログスペック実測調査①

“装備重量”は本当に合ってるの?

専門機関にCBR1000RR SPを持ち込む

バイクを購入する際に足着きとともに気になる重要な要素が「車重」。でも、バイク雑誌やカタログを見ていると「乾燥重量」やら「装備重量」やらあって、どうなっているか分からないと思っている人もいるのでは? そこであらためておさらい。

むかし主流だったのが「乾燥重量」。これは、文字どおり乾燥で、燃料やらオイルやらクーラントやらのいわゆる水モノを抜いた車重のことを指していた。しかし、車重を軽く表記した方が高性能に見えた時代。この解釈がどんどんエスカレートしていって、バッテリーも電解液ではなく本体まるごと、なかにはブレーキフルードやサスペンションオイルまで徹底的に抜いた重量で表記した車両も出始めた。そこで、さすがにそれではユーザーのためにまずかろうとメーカー全体で話し合って、カタログスペックを「装備重量」にあらためるかたちに落ち着いた。だから、現在発売されている国産車はすべて「装備重量」で表記されている。この車重はどういった状態かと言うと、ガソリン満タンで実際にそのまま走り出せる状態での重量。つまり、もっとも現実に忠実な信頼できる数値というわけだ。

現在の国産車でカタログに表記されている車重はどれも「装備重量」。ガソリン満タンで走行可能な状態を表しており、ユーザーが使用する際に最も即した表記と言える。

さて、そこで本誌がCBR1000RR SPの車重を編集部独自に測定してみたときの話。カタログスペック195kgに対して、編集部測定では199kgという値が出た。編集部内ではこの4kgを誤差範囲だろうと思っていたが、さにあらず。後日「誤差にしては開きがありすぎなのでは?」という指摘を外部から受けることとなった。それまで編集部では車重測定に家庭用の体重計を4個使用して合算していた。しかし、家庭用はかりは計量法による検査も必要ないことから専門の特定計量器に比べて誤差が大きく車重測定に適さないとのアドバイス。そこで改めて再計量に臨んでみたのだった。

なんと緯度補正(!)も行なっての計測

測定に使用したのは日本製衡所のトラックスケールZAK-06Wシリーズの5トンタイプで1kg単位での計量が可能。ポータブルタイプなので特定計量器ではないものの、メーカーの日本製衡所が定期的に校正を実施しているデモ機なのでそれと変わらぬ正確性が確保されている。加えてこの測定器には緯度補正も実施。厳密には補正されていないと赤道に近づくほど地球の自転の遠心力で軽く測定されてしまうのだ。それも補正した完璧な「質量」を測定できるのがこの機械。ちなみにメーカーでも車重表記にはこの「質量」として測った値が用いられている。

これが日本製衡所のZAK-06Wシリーズ5トンタイプ。緑の測定部2個を、それぞれ前輪と後輪の下において使用する。きちんと校正を受けていれば計量法で定められた特定計量器に負けない正確な値を測定してくれる。

家庭用体重計×4で測定していた以前のヤングマシン編集部。さすがにこれでは何台か比較したときの相対的な重い軽いくらいは分かるものの、「実測値」を語るには誤差が大きすぎて力不足だったことは否めない。編集部一同反省しております。

後はもちろん水平出しもきっちり行って再測定開始。そこで出た結果は・・・・・・194kg! 公称の195kgよりやや軽いのはタイヤ銘柄などの装備違いで変動することも考慮して若干余裕を持たせているためだろうとのこと。ということで、CBRのカタログに書いてある「車重」は本当に実際のマシンそのままだった。これなら、安心してバイク選びをすることができるね!

前後タイヤ用にはかりを2つ使用。無線でデータが指示計に飛び、合算が表示される。測定したCBRの車重は194kg。プリントアウトも可能だ。

後輪は91kgを計測。前輪は103kgでトータル194kg。前後で重量が異なるのは、メーカーの設計が意図した前後バランスの配分となる。ここまでしっかり測れる本物の計測器って、やっぱりスゴイ!

ミヤケン

ミヤケン

記事一覧を見る

天然のヤング脳を持つ伝説の元編集部員。現在は超フリーライター。

この著者の最新の記事

関連記事