スズキの最新特許を読み解く

GSR250がリンク付きサスに変更?!

先日アメリカで公開されたスズキの特許に興味深いものがあった。内容はフレームとリヤサスペンションの構造についてだが、バイクのイラストがGSR250なのだ。GSR250と言えば、GSX250RV-ストローム250のベースとなったモデルで、一部を変更しつつそのメインフレームは各車に流用されている。それが、従来とは全く異なる構造になっているので、シリーズ全体にかかわる重大な変更と言えるだろう。

GSR250のフレームにはダウンチューブがあり、リヤサスはリンクレスだ。

特許の図面はダイヤモンドフレームでリンク付き。かなりスポーティな印象。

もしかすると、ニーゴースポーツのフレーム!? 実際ヤマハのYZF-R25に似ているので、その可能性は否定できない。GSR250のモデルチェンジではなく、新たなモデルが控えているのか……。しかし、よくよく観察してみると気づくことがある。この4月に公開されたターボ付きの2気筒バイク=リカージョンの特許とウリ二つなのだ。

左がリカージョンと思しきターボ付きの2気筒バイクの特許で右が今回のGSR250の特許。フレーム構造が同一だ。

GSR250の特許に掲載されているリヤショックは、ターボバイクのエンジン吸気口をぴったり避けられる位置にある。一方、リカージョンの特許イラストにも同じ位置にリヤショックのマウント部分が描かれており、完全に一致。ここまでくると、このイラストはGSR250の新フレームではなく、リカージョンのものと言った方がよさそうだ。気になるのは片持ちではなく、両持ちスイングアームになっていることで、リカージョン市販版はこれに習う可能性がある。

【予想CG SUZUKI Recursion(リカージョン) 予想登場時期:調査中】 本誌7月号に掲載した予想CG。’15東京モーターショーで発表されたエンジン・XE7をの4月に公開された特許のトラスフレームに搭載した仕様。

このCGにリヤサスとスイングアームを今回の特許ものにすれば正解!? リカージョンについては本誌7月号で「市販版開発に向けGOサインが出た」(情報筋)と報じた。今回の特許はそれを裏付けるものなのか、またはGSR250のものなのか、早ければ今年の秋に答えが出るかも知れない。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事