紙版もよろしく! 8月24日発売10月号

ヤンマシ最新539号の見所!

【スクープ】実弾写真を詳細に分析&解説!

ドゥカティがこれまでのV2エンジンをやめV4エンジンのスーパーバイクに切り替えることはこれまでも報じてきたが、ついにその姿を捉えることができた。その姿は一見パニガーレに似ているが、ディテールは異なり次期V4モデルなのは明らか。また、同時期にBMWの次期S1000RRと思しき開発車両の写真も入手。こちらもよく見るとフレームやエンジンが異なっており、かなりの進化が期待できそう。シャーシやエンジン設計のプロにも解説してもらい、その実像に迫った。他にもアメリカで撮影された次期Ninja400の映像とともに本誌が独自に入手した情報から次期Ninja250の進化の方向性を予測した。

 

【新車テスト】GSX-R1000R vs ライバル対決!

2017年モデルテストの総仕上げ。ついに発売となったGSX-R1000R国内仕様の実力を確かめるべくライバルを完全招集。テストは1周約2.5㎞の袖ヶ浦フォレストと約4.5㎞の富士スピードウェイを舞台とし、タイムと最高速アタックを実施した。最近のヘビー&ハードなテストではお馴染みの丸山浩&伊丹孝裕コンビが、国内でも全車フルパワーとなった最新スーパースポーツを6速パワーバンドまで使い切ってレポート! この模様は誌面だけでなく読者限定ふろく映像でも1時間20分に渡る密度の濃い走りとトークでお届け!

 

【名車】お宝マシンの高騰相場を徹底調査

この8月31日をもって生産終了となる未来の名車候補からすでに名車の誉れ高いモデルまで、昨今高騰相場を有名店への取材で深く掘り下げていく。あのバイクは今いくらなのか? 思いがけない価格に驚くだろう。

 

【用品】B+COM SB6Xほか最新インカム網羅

国内No.1シェアを誇るサインハウス製B+COMの最新型SB6Xが発売。これを機に音質やペアリングのしやすさなど、各社最新インカムの進化ぶりをテスト。さらに、スマホやバイクのメーターとインカムを接続した活用法なども紹介。

 

【MOTY】電子投票ができるように!

45回目を数えるMOTY=マシン・オブ・ザ・イヤーの投票が郵送だけではなく、WEBでも可能になった。ふろく動画を視聴するためのページでMOTY投票を実施。ぜひ投票を!

 

紙版のご購入はこちらへ!

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事