レーシング女子 岡崎静夏が じっくり乗ってみました!【X-ADV編】加速フィールやサスの動き、完璧にスポーツバイクです!

  • 2023/01/11
  • 【BRAND POST】HondaGO バイクラボ

●まとめ:高橋 剛 ●写真:楠堂亜希 *当記事は(株)内外出版社ヤングマシン掲載記事(2022年12月号)の内容を編集・再構成したものです。 ●BRAND POST提供:HondaGO バイクラボ

【テスター:岡崎静夏】
チャーミングな笑顔でも中身はスパルタンな「バイクフリーク」。’09~’10年、MFJレディースロードレースで2年連続王者に。全日本はGP-MONOを経て’12年からJ-GP3に参戦中。 [写真タップで拡大]

伸びやかに加速するエンジンと意のままに操れる車体

「バイクは自分で操ってナンボ」がポリシーのオカザキです(笑)。そんな自分が今回試乗したのが、X-ADV。スクーターライクなフォルムに、クラッチレバーがないDCTを搭載した、あの、X-ADVなんです。

……という言い方からお分かりかと思いますが、正直、かなり疑ってかかっていました。だって、バイクは自分で操りたいですし、バイクに乗るからにはスポーツしたいからです。

だから、そのどちらも楽しめそうにないX-ADVは、「うーん、ちょっとどうかな……」と思っていました。デザインも、「きっと見てくれだけなんでしょう?」なんて。

……全力で謝ります。第一印象は、すべて誤りでした。ごめんなさい。X-ADVは、私がとっても好きな楽しいスポーツバイクでした。

まず、「スクーターでしょう? スポーツライディングが楽しめそうにないよ」という第一印象について。これ、全面的に間違えていました。

全体的なフォルムは、スクーターに見えてもおかしくないと思います。街行く人にX-ADVを見せたら、ほとんどの人が「スクーターだよね」と言うはずです。

しかもハンドルに付いているレバーは、右がフロントブレーキ、左がリヤブレーキ。ニーグリップができないポジションもスクーターと同じです。

ですが! 乗り味はまったくスクーターではありませんでした。もちろんスクーターにはスクーターの良さがあって、自分はそれを否定するつもりはありません。でも、高いレベルのスポーツ性を楽しめるという意味で、X-ADVは立派な「バイク」でした。

続きはこちら↓


※本記事はHondaGO バイクラボが提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

WEBヤングマシン|新車バイクニュース