起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  • 2022/11/10
  • 【BRAND POST】HondaGO バイクラボ

見た目のデザインはそのままに、エンジンなどをリニューアルして生まれ変わった二代目スーパーカブC125(SUPER CUB C125)は、旅先の観光地をバイクで巡る“レンタサイクル的”な使い方にもオススメです!

●BRAND POST提供:HondaGO バイクラボ

日本の観光地は平らな道が多いとは限らない

電車やバスなどの公共交通機関を使っての旅行のとき、現地から歩いて巡るのも楽しいですが、観光地って意外に登り下りの起伏があったり、次の目的地までかなり距離があったりもするので、現地で「気軽に乗れるバイクがあったら最高なのになぁ…」と思ったことはありませんか?

そんな時、最寄りのHondaGO BIKE RENTALでスーパーカブC125(SUPER CUB C125)を“レンタサイクル的”に使用するのが便利です。

スーパーカブC125は、観光地の街並みや風情ある日本の原風景など、どんな場所でも似合うだけでなく、自動遠心クラッチでシフトチェンジできるから勾配のある坂道でもグイグイ昇ってくれます。

そんなスーパーカブC125は、旅行先でレンタルして日本の観光地を巡るツーリングにピッタリの1台だと思うんです。

特に便利なのが、いわゆる「坂道発進」。

クラッチレバーを必要としない自動遠心クラッチは、ギアがどの位置にあっても基本的にエンスト(エンジンストップ)しないので、スロットルを回すだけで前に進んでくれます。

※本記事はHondaGO バイクラボが提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

WEBヤングマシン|新車バイクニュース