新型エンジン搭載!二代目『スーパーカブ C125』はどこが変わった?【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第7回/スーパーカブ C125 前編】

  • 2022/08/22
  • 【BRAND POST】HondaGO バイクラボ

2018年に登場した「スーパーカブ C125(Super Cub C125)」が、2021年9月に新型エンジンを搭載してリニューアル! 二代目となった『C125』はいったいどこが変わった?

●BRAND POST提供:HondaGO バイクラボ

64年前の初代スーパーカブをオマージュして現代に蘇ったプレミアム・カブ

バイク好きを問わず、老若男女の誰もが知っているスーパーカブシリーズのプレミアムモデルとして、2018年秋に登場したスーパーカブ C125(Super Cub C125)。

初代スーパーカブC100をモチーフとしながら、現在の技術とデザインを取り入れて生まれた「スーパーカブ C125」ですが、初登場から3年経った昨年、新型エンジンを中心に大幅なモデルチェンジがおこなわれました。

スーパーカブ C100(1958年)

ちなみに、上の写真は今からおよそ64年前に発売された初代スーパーカブ C100ですが、写真だと一瞬見紛うほどの雰囲気をスーパーカブ C125は備えています。

キープコンセプトを元に、スーパーカブらしい伝統的なデザインをできるだけ変えずに、新しいものへ昇華する。これは一見、簡単なことのようで、とても難しいことだと思うんです。

最新モデルは継続カラーの「パールニルタバブルー」に加えて、ニューカラーなのにどこか親しみのある「パールネビュラレッド」の2色展開。

ここからは、二代目となった「スーパーカブ C125」のどこが変わったのかを見ていきましょう。

※本記事はHondaGO バイクラボが提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

WEBヤングマシン|新車バイクニュース