SR400サンバーストがまだ買える! ヤマハ純正カスタム外装セットが登場!〈ワイズギア〉

  • 2021/08/28
  • 【BRAND POST】ワイズギア
ヤマハSR400純正カスタム外装セット〈ワイズギア〉

惜しまれつつも’21年型で生産終了し、改めてブームが過熱化しているヤマハSR400。さらに人気を後押しすること必至の外装セットが純正パーツとして発売された。即完売だった限定ファイナルとも異なる”Wサンバースト塗装”が目玉で、手軽にスペシャル仕様へモディファイ可能。オーナーはマストバイだ!

●文:沼尾宏明 ●写真:山内潤也 ●BRAND POST提供:ワイズギア

43年の歴代SRで最も深みのあるグラデかも!

コンセプトは”黄昏時を愛でるSR”――ヤマハの純正アクセサリーを手掛けるワイズギアがリリースする「SR400クラフトビルド外装セット」は、SRに今までにない新鮮なイメージを与えられるアイテムだ。クラフトビルドとは、ヤマハが車両開発で培った技術を、ワイズギアが独自のアクセサリーとして展開した商品群を意味する。

ワイズギア|SR400クラフトビルド外装セット|セット内容

【ワイズギア SR400クラフトビルド外装セット】燃料タンクをはじめ、サイドカバー×2、シート表皮、テールカバーの5点がセット。数量は未定ながら限定生産だ。タンクは’10年型以降のF.I.車に対応し、装着用にガスケット/ワッシャー/コーションラベルも同梱する。●価格:14万8500円 [写真タップで拡大]

目玉のタンクは、歴代の限定SRに時折設定され、絶大な人気を誇る”サンバースト塗装”を施す。これはギターにも採用されるグラデーション塗装で、実に美麗だ。’21年に発売され、限定1000台が即完売したファイナルエディションリミテッドはブラックのサンバースト塗装だったが、この外装セットではオレンジからブラックへ変化する専用グラデーションを導入。夕焼けを思わせるスペシャルな外観を演出している。

しかも今回は、ヘアラインを透かせて見せる”ハーフトーン技術”も初めて採用。歴代SRでも2回しか採用していない、手塗りと水転写グラフィックによるWサンバーストと合わせて、より深みのある表現に仕上げた。

タンクの色に最適なシート表皮もセット。シボと印刷を組み合わせ、ファブリック(布)風の質感が楽しい。加えてサイドカバーには、独自デザインの真ちゅう製エンブレムまで奢る。この外装セットを装着することで、まさにスペシャルなSRが生まれるのだ。

開発したワイズギアでは、今後もSRなどにパーツを継続展開していくとのこと。生産終了になっても、まだまだSRを楽しむことができそうだ!

ワイズギア|SR400クラフトビルド外装セット|スタイリング

【最終型に劣らず魅力的】サンバースト塗装の限定ファイナル仕様は既に完売。歴代の限定サンバーストも入手困難だが、この外装セットなら今から購入可能だ。夕焼けを思わせるオレンジのグラデーションが独自の魅力を放つ。 [写真タップで拡大]

ワイズギア|SR400クラフトビルド外装セット|タンク

【職人による美麗グラデーション】“ネオノスタルジック”をコンセプトにした専用カラーは、熟練の職人による繊細なグラデーションと専用の塗装機を導入することで実現。音叉マークは真ちゅう製だ。 [写真タップで拡大]

ワイズギア|SR400クラフトビルド外装セット|タンク

【既存サンバーストとはちょっと違うWボカシ仕様】オレンジグラデーションはランダムなFMスクリーンを用いた自然な水転写グラフィック。これに、熟練した職人による手作業の黒グラデーションを施したWサンバーストを採用。これまでサンバーストは限定車に6回採用され、Wサンバーストは40thアニバーサリーエディションと限定ファイナルのみ。 [写真タップで拡大]

ヤマハSR400 40thアニバーサリーエディション
[写真タップで拡大]

【’18 YAMAHA SR400 40TH ANNIVERSARY EDITION】今回の外装セットはこの40周年車と似た配色だが、より色が鮮やかでグラデーションも美しい。

ワイズギア|SR400クラフトビルド外装セット|サイドカバー|エンブレム
ワイズギア|SR400クラフトビルド外装セット|サイドカバー|エンブレム

【真ちゅう製の専用ロゴ】黒いサイドカバーにゴールドの専用エンブレムをあしらう。エンブレムは限定ファイナルの電鋳製に対し、真ちゅう製で「CraftBuild」の文字をあしらう。 [写真タップで拡大]

ワイズギア|SR400クラフトビルド外装セット|シート

【質感の高いファブリック調】シート表皮はベージュ×ブラックのツートーンで、サンバーストのタンクにベストマッチ。座面は凹凸感のあるファブリック調、側面はレザーと手が込んでいる。 [写真タップで拡大]

ワイズギア|SR400クラフトビルド外装セット|テールまわり

【テールでも個性を主張】リヤカバーやサイドカバーは落ち着いたブラックで統一。存在感をアピールする、金色の立体的なYAMAHAロゴはファイナルエディションと同タイプだ。 [写真タップで拡大]

ブラックメッキの金属パーツも登場

ワイズギア|SR400 ブラッククロームメッキセット|フェンダー
[写真タップで拡大]

“ミラージュブラック”をテーマにした金属パーツ4点セットも市販化される。こちらは、クロームメッキの光沢を奥に残したような輝きが見事。これは、ヤマハで初めて使用した黒3価クロムメッキによって実現した。高い表面硬度や耐食性も兼ね備える。SRの全年式に対応する。

ワイズギア|SR400 ブラッククロームメッキセット|セット内容

【ワイズギア SR400ブラッククロームメッキセット】●価格:8万4700円 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

WEBヤングマシン|最新バイク情報