令和2年排出ガス規制にも適合

ホンダ新型「CBR250RR」登場! 1psパワーアップ&トラコン採用、足まわりも強化してニューデザインに

ホンダは、250ccクラス最強の2気筒スーパースポーツ「CBR250RR」をマイナーチェンジし、2023年モデルとして2月20日に発売すると発表した。


●文:ヤングマシン編集部(ヨ) ●外部リンク:ホンダ

より高回転型になって1ps向上、しかも新排ガス規制適合だ!

ホンダが新型CBR250RRを正式発表! その姿は日本グランプリなどで先行公開されていたが、スペックや価格、発売日がすべて明らかになったのだ。

従来モデルは、それ以前のモデルから3psのパワーアップを果たし、スリッパークラッチの標準装備と、クイックシフターをオプションに新設定することで魅力を増しており、同年デビューのカワサキ・ニンジャZX-25Rに対し実質的な速さ(=ラップタイム)で勝機を見いだしていたのは記憶の新しいところ。

そして今回のモデルチェンジでは、カウル形状の変更に加え、エンジンパワーの1ps向上、ホンダセレクタブルトルクコントロール(トラコンに相当)、SFF-BP倒立フロントフォーク、ハザードランプ、エマージェンシーストップシグナルの新採用が謳われている。

HONDA CBR250RR[2023 model]

ホンダ|CBR250RR|2023年モデル
ホンダ|CBR250RR|2023年モデル

HONDA CBR250RR[2023 model]グランプリレッド [写真タップで拡大]

ホンダ|CBR250RR|2023年モデル
ホンダ|CBR250RR|2023年モデル

HONDA CBR250RR[2023 model]マットバリスティックブラックメタリック [写真タップで拡大]

ホンダ|CBR250RR|2023年モデル
ホンダ|CBR250RR|2023年モデル

HONDA CBR250RR[2023 model]パールグレアホワイト [写真タップで拡大]

車名CBR250RR
型式ホンダ・8BK-MC51
全長×全幅×全高2065×725×1110mm
軸距1390mm
最低地上高148mm
シート高790mm
キャスター/トレール24°30′/92mm
装備重量168kg
エンジン型式水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ
総排気量249cc
内径×行程662.0×41.3mm
圧縮比12.5:1
最高出力42ps/13500rpm
最大トルク2.5kg-m/10750rpm
変速機常時噛合式6段リターン
燃料タンク容量14L
WMTCモード燃費27.4km/L(クラス3-2、1名乗車時)
タイヤサイズ前110/70R17
タイヤサイズ後140/70R17
ブレーキ前油圧式ディスク
ブレーキ後油圧式ディスク
乗車定員2名
価格黒、白=86万9000円/赤=90万7500円
発売日2023年2月20日

CBR250RRのディテール

ホンダ|CBR250RR|2023年モデル

ヘッドライトまわりは差し色の青がステキ! サイドカウルの形状は変化がわかりやすい。 [写真タップで拡大]

ホンダ|CBR250RR|2023年モデル

SHOWA製SFF-BPを新採用。これまでもクラスを超えた充実ぶりだったが、さらにグレードアップした。 [写真タップで拡大]

ホンダ|CBR250RR|2023年モデル

インドネシア仕様にはなかったホンダセレクタブルトルクコントロール(HSTC)が追加された。 [写真タップで拡大]

ホンダ|CBR250RR|2023年モデル

燃料タンクのエッジっぷりが凄い。WMTCモード燃費は27.1km/l→27.4km/lと経済性アップ。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース