現代の技術で仕上げた、復活の“F”

【映像×2】Z900RSとガチンコ勝負! よみがえるスペンサー仕様「CB-F コンセプト」が世界初公開

  • 2020/3/27
ホンダCB-Fコンセプト

ホンダは大阪/東京モーターサイクルショーに出展を予定していた「CB-F コンセプト」をWebで世界初公開。2019年に「CB」が生誕60周年を迎えたことを踏まえて、ホンダを代表するスポーツバイクであるCBを改めて見つめ直し、コンセプトモデルとして提案するものだ。

ベースマシンはCB1000Rだが細部まで手が入る

まだまだ想像の余地がある。それがCB-F コンセプトを目の前にした率直な印象だ。ヘッドライトはダミーで、ウインカーなどの保安部品は未装着。それだけに、ウインカーやナンバープレートホルダー、リヤフェンダーを装備したら、どんなたたずまいになるのか楽しみで仕方がなくなってくる。

CB-F コンセプトは、2019年にCBブランドが生誕60周年となった節目を機に、改めてCBの歴史を振り返り、ホンダを代表するスポーツバイクであるCBとは何者なのか、その答えを導き出した提案のひとつだという。

CBの歴史の中でも、バイクブーム前夜の1979年に誕生し、1982年にフレディ・スペンサーが駆ったスーパーバイク仕様で鮮烈な印象を残したCB750F/CB900F(輸出モデル)に特別な想いを抱くライダーは少なくない。特に、あのバイクブームの熱き時代を過ごした昭和40年代生まれのライダーたちにとってCBと言えば、CB1100EXなどがモチーフとしたCB750Fourではなく、やはりCB-Fなのだ。

カワサキZとホンダCBは永遠のライバル。その関係は現代のZ900RSとCB-Fとなって、再び燃え上がることだろう。

ホンダCB-F コンセプト

【HONDA CB-F Concept】主要諸元■全長2120 全幅790 全高1070■水冷4ストローク並列4気筒 DOHC4バルブ 998cc 変速機6段

ホンダCB1000R

ベースマシンとなったのはCB1000R。並列4気筒エンジンやバックボーンフレーム、片持ちスイングアームなどを活かしながら、CB-Fらしいスタイリングを与えている。

CB-Fを象徴するものと言えば、やはり流麗な燃料タンクからサイドカバー、そしてシートカウルが描く伸びやかなラインだろう。外からは見えないモノバックボーンフレームを使用していることもあって、燃料タンクのデザインは端正ながら迫力もある。特に前半部分の伸び感と、後半部分のスクエアな感じを残したえぐり込みなどは、まさしく“F”そのものだ。

また、大きめのシートカウルによって車体は前後に長く見え、これも“F”感を強調している。また、このたたずまいの実現のために、リヤショックもわずかに短くして車高を下げたという。アルミ地の色を活かした片持ちスイングアームや、リム部に切削加工を施した前後ホイール、”F”スタイリングの再現のために力を込めたというマフラーなど、このまま市販化してほしいと思えるディテールが満載だ。

市販化に結び付くかどうかは反響次第。「これは欲しい!」と思ったなら、積極的に声を上げていただきたい。

永遠の憧れ、CB750F改レーサー

CB-F コンセプトの元ネタとなったのは、言わずと知れた1982年のCB750F改レーサーだ。フレディ・スペンサーがデイトナ100マイルで優勝を果たしている。このカラーリングは輸出仕様にしか存在せず、それがまたファンの羨望を招いた。

ホンダ CB750F改レーサー 1982年

【HONDA CB750F改レーサー 1982年】CB-Fはレーサーレプリカとして存在しただけでなく実際にレースでも活躍。これは、’82デイトナ100マイル優勝車でライダーはF・スペンサー。’81年までのRSCエンジンでは135ps程度だったため、’82年のAHMプロジェクトでは全面的に造り変えられ、1023ccで150~160ps/12000rpmを発揮した。

ヤングマシン2020年4月号

2020年4月号では「CB998F」としてニューマシンの登場を切望。保安部品付きの姿を想像するのにお役立てください。

HONDA CB-F Concept[スタイリング]

公表された情報はそれほど多くない。あとはじっくりと写真を眺めていただきたい。このコンセプトモデルを含め、東西モーターサイクルショーに出展予定だった多数のモデルが本日(2020年3月27日)よりホンダのWebサイトにて「Honda バーチャルモーターサイクルショー」で公開されている。

ホンダCB-F コンセプト

ホンダCB-F コンセプト

ホンダCB-F コンセプト

ホンダCB-F コンセプト

ホンダCB-F コンセプト

[次ページ]CB-F コンセプトのディテール写真

ページ:

1

2 3

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。