第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

同時発表のVFX-WRはカタカナ「ショウエイ」がステキ!

軽量フルフェイスのSHOEI Z-7にクラシカルなストライプモデル「イクエート(EQUATE)」が登場

  • 2019/10/29

軽量コンパクトなフォルムで、マルク・マルケスのレプリカカラーなど多彩なカラーバリエーションで人気のシヨウエイZ-7にニューカラーが登場した。さらに、本格オフロードヘルメットのVFX-WRには、ポップな色使いとカタカナロゴが特徴的なニューカラーが設定される。

軽くて小さいZ-7にマットカラー+センターストライプの新色

SHOEIのスポーツフルフェイスヘルメットであるZシリーズは、コンパクトなエアロフォルムが特徴。最新のZ-7ではSサイズ以下に専用シェルを追加して、ミニマムサイズをさらに小さく、全4サイズのシェル構成としているのが特徴だ。軽く、視界がよく、気軽に出掛けられるうえにエアロフォルムで高速走行時の首の負担も少ない。

ニューカラーのイクエートは、黒×白のマットカラーをベースにセンターストライプを施したもの。黒の面積を大きめに取ったことでクラシカルかつ落ち着いた雰囲気になっている。センターストライプは青×赤または緑×赤の2タイプとマットブラック2本の計3タイプが設定される。価格はZ-7シリーズの他のカラーリングモデルと同じ5万8300円だ。

SHOEI Z-7 EQUATE(イクエート)

●価格:5万8300 円(10%税込)
●規格:JIS規格
●サイズ:XS(53cm)、S(55cm)、M(57cm)、L(59cm)、XL(61cm)、XXL(63cm)
●カラー:TC-4(GREEN/BLACK)、 TC-5(BLACK/WHITE)TC-10(BLUE/BLACK)※すべてマットカラー
●構造:AIM(Advanced Integrated Matrix)
●付属品:布袋 、ブレスガード、チンカーテン、シリコンオイル、CWR-1 PINLOCK® EVO lens

SHOEI Z-7 EQUATE TC-10

SHOEI Z-7 EQUATE TC-10(BLUE/BLACK)

SHOEI Z-7 EQUATE TC-4

SHOEI Z-7 EQUATE TC-4(GREEN/BLACK)

SHOEI Z-7 EQUATE TC-5

SHOEI Z-7 EQUATE TC-5(BLACK/WHITE)

VFX-WRは、明るい色使いに「ショウエイ」の文字

アグレッシブなデザイン性で支持され続けているVFXシリーズの最新版がVFX-WRだ。バイザーやノーズカバーなどのパーツとシェル形状を一体化させたフォルムが特徴で、後頭部のリブ形状はサイドまで拡大することでゴーグルの安定性を増している。後ろの首元には大型のエアアウトレットを設置し、多量の汗をかくオフロードライディングでも効率よく熱気を排出する設計。また、転倒時には二重構造となったライナーのうちインサートライナーがツインぐすることで、回転加速度を15%低減する効果を発揮するという「M.E.D.S.(Motion Energy Distribution System)」を採用。転倒時には頭部だけでなく首への衝撃も極力減らしたい、というライダーからのニーズに応える技術だ。

ニューカラーは、マットカラーの青×赤と青×白に加え、艶ありの赤×白の3タイプを設定。カラーリングは左右非対称で、頭頂部右寄りと左側頭部にカタカナで「ショウエイ」と入るのがカワイイ。受注限定販売モデルなので、欲しい方はお急ぎあれ。

SHOEI VFX-WR ZINGER(ジンジャー)

●価格:6万600 円(10%税込)
●規格:JIS規格、MFJ公認
●サイズ:XS(53cm)、S(55cm)、M(57cm)、L(59cm)、XL(61cm)、XXL(63cm)
●カラー:TC-1(RED/WHITE)、TC-2※(BLUE/WHITE)、TC-10※(BLUE/RED)※マットカラー
●構造:AIM(Advanced Integrated Matrix Plus Multi Fiber)
●付属品:バイザー、 バイザースクリュー、布袋、マッドガード、バイザー反射防止シート

SHOEI VFX-WR ZINGER TC-10

SHOEI VFX-WR ZINGER TC-10(BLUE/RED)※マットカラー

SHOEI VFX-WR ZINGER TC-1

SHOEI VFX-WR ZINGER TC-1(RED/WHITE)

SHOEI VFX-WR ZINGER TC-2

SHOEI VFX-WR ZINGER TC-2(BLUE/WHITE)※マットカラー

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)