5月24日発売・最新号解説!

ヤングマシン2019年7月号のみどころ【大特集:スーパースポーツ対戦】

  • 2019/5/24

7月号では大特集タイトルをスーパースポーツ対戦と銘打ち、1000ccおよび250ccクラスのスーパースポーツを一気に集結。サーキットにおけるラップタイムバトルでガチ採点(1000cc)、サーキットおよび街乗りで徹底テストして1000点満点のチェックシートで総括する(250cc)、そんな世界イチ細かいニーゴー比較が読めるのはヤングマシンだけ! さらに単独試乗のインプレッション×10車、電動バイクでツーリングしてみたレポートと企画満載。前号からはじまった『ヤンマシ写真部』では #昭和っぽいの好き をテーマに、懐かしい写真から現代のノスタルジックまでを掲載しています。

出揃った1000cc直4スーパースポーツ、そしてYZF-R25を中心にニーゴースポーツを徹底比較!

1000ccも250ccも徹底的に実測データを収集! サーキットのラップタイムだけでなく、シャーシダイナモで後輪出力まで測定しました。さらには各車すべてをテスター陣が採点し、どのステージでどのバイクが優れていたのかを明らかに。この10年間、ベンチマークとして存在してきたS1000RRが新型となってどこまでレベルアップしたのか、そしてYZF-R25のモデルチェンジは成功したのか? じっくり読める大特集になっています。

1000cc直4スーパースポーツ大戦は、S1000RR、CBR1000RR SP1、YZF-R1M、GSX-R1000R、Ninja ZX-10RRの5車によって行われた。舞台となったのはスペインのアンダルシアサーキットだ!

ニーゴー大戦は、新旧YZF-R25、ニンジャ250、CBR250RRの4車。袖ヶ浦でのサーキットラップタイムバトルにはじまり、パワー測定、加速競争、80km/hからのABSテスト、街乗り、燃費、各種装備などを徹底比較。おそらく世界イチ細かいニーゴーテストであると自負しています!

試乗インプレッションはVFR800Fや外国車で10車


試乗インプレッションは、ファンティック・キャバレロ、インディアンモーターサイクル・FTR1200S、そしてJAIAで乗った輸入車たち、ロスマンズカラーが復活したVFR800Fなど。ますます勢いを見せるヘリテイジスポーツはバイク界の中心にきているのか? アドベンチャー、スポーツ3輪など海外なども要チェック。

カスタムマシンのコーナーではアールズギアの新作マフラーをチェック。ホンダFORZA用のスリップオンも見逃せない。

新たなムーブメントになるか? 電動バイクでツーリングしてみた!

近藤スパ太郎さんによる新企画。電動バイクが少しずつ増殖してきているが、実際の使い勝手はどうなのか? 市販電動バイクを揃えてますツーリングしてみました!

世界王者・原田哲也の林道のんびり紀行!?

ロードレース世界選手権(グランプリ)でチャンピオンを獲った原田哲也さんが林道ツーリング!? このところ俄然オフに目覚めはじめた原田さんは、いったい何に魅力を感じているのか。新企画の1回目にふさわしいゲストとして、SP忠男の“忠さん”こと鈴木忠男さんにご登場いただき、仲間たちと林道ツーリングへ。なんとも言えずイイ雰囲気です。

#ヤンマシ写真部 #昭和っぽいの好き

今回も1000枚を超える写真が集結。泣く泣く100点程度に絞らせていただき、本誌掲載へ。みなさん、本当にナイスですね! でした。

ニッポン“神”名車伝:ヤマハXS1

ヤマハが4ストロークエンジンで市場に認められる足掛かりとなった、バーチカルツイン搭載のスポーツバイク。現在のXSR系の元ネタともなったその美しさをご堪能あれ。

こちらはヤングマシンの生き字引、牧田哲郎さんによる名車時効伝では“ゴッドハンド”POP吉村の思い出が語られます。受け継がれるDNAの原点が垣間見える回顧録です。

別冊付録はハチハチNSR250R!

美しい写真が並び、巻末に登場するのは……やっさん……??

もくじ

もくじです。今月号もよろしくお願いします!

●ご購入はこちらから

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)