1月24日発売・最新号解説

ヤングマシン’19年3月号の見所!

1973年にスタートして、今年で46回目を迎えるマシン・オブ・ザ・イヤーの総合/各部門別結果を発表します! そしてスクープでは新型ハヤブサと新型CBR1000RRについて、公開された特許図をもとに大胆予測。可変バルブタイミングがハヤブサに搭載?  直4の1000ccで220psは可能なのか? BMW・S1000RRのシフトカムとは何が違うのか? 様々な疑問に、メーカーエンジニアが匿名で答えます! また、2018年のMotoGPはシーズンを通して何が起こっていたのか……ホンダとヤマハのチーム監督インタビューと青木宣篤の解析により、2018年総括と2019年への展望を取り上げます。スマートヘルメット特集や神名車“Z1R”もお見逃しなく!

ヤングマシン最新号では第46回マシン・オブ・ザ・イヤーで歴代マシンを振り返る!

ハヤブサ&センダブを暴く!

いよいよ’20年に本格到来するユーロ5時代。それを突破するカギは“可変バルブタイミング”にあった。’20年の会社創立100周年に向けて秒読み段階に入ったスズキ・ハヤブサ、そして最強スーパースポーツ復権に向けたホンダ新CBR1000RR。’19年秋発表が予想される2台をスクープする!

2015年東京モーターショーで発表された“繭”をベースにハヤブサ独自の意匠をCG化。

特許図をもとに可変バルブタイミングを予想。

その名はCBR1000RRW!? シームレスミッション採用の真偽とは……。

CBR1000RRの特許図をBMW・S1000RRのシフトカムと比較することで、これからのSSが目指す『パフォーマンスと環境性能の両立』が見えてくる!

モトGPの2018年シーズンを青木宣篤が斬る!

ホンダとヤマハのチーム監督インタビューを中心に、青木宣篤が共通ソフトウェア、タイヤへの適合、そしてライダーの進化に至るまでを解説する。

MotoGP 2018。マシン開発の現場では、超ハイレベルな、でも静かなバトルが、今も繰り広げられている。

これはあのマシン? タイ生まれの14インチ!

どう見ても某スーパーバイクレプリカだが、実はタイのGPXが制作したデーモン150というマシン。空冷単気筒を搭載し、カワイイ、カッコイイ、そして扱いやすい。

今までなかった14インチフルカウルがタイより上陸!

スマートヘルメットがキタ!

戦闘力がわかる!? そんな未来的な見た目だが、これはすでに現実のものとなったHUD搭載のスマートヘルメット。ラスベガスで開催されたCES 2019の会場で、本誌特派員が全力取材!

NSウエストとSHOEIのコラボによる新型スマートヘルメットを実際にかぶってみた。さらにジャパンディスプレイの外付けユニットも紹介。

カスタムマシンPlusはYZF-R25の新感覚カスタムを紹介

ケニー・ロバーツが駆ったYZR500?……ではなく、コイツは外装を着替えたYZF-R25だ。まったくの別物に仕上がったレトロカスタムとは……。

YZF-R25がレトロフィットカスタムでキング仕様に!

ニューモデル試乗はCB1300SFのオーリンズ仕様ほか

タッチ&トライではCB1300SF SPのほかSR400をテスト。ほかにもトライアンフ・スクランブラー1200やMotoGPカラーのGSX250Rをテストしているぞ!

オーリンズ仕様のSPとなり、この巨体で攻められるCBに変貌!

バッテリー特集ではリチウム vs 鉛も

価格帯の異なる鉛バッテリーとリチウムバッテリー。それぞれのメリットや取り扱いについての注意点を、AZバッテリーの輸入元である岡田商事にインタビュー。各種バッテリーのほか充電器なども紹介する。

出先トラブル上位の『バッテリー上がり』に対処するには……。

ニッポン神名車伝 Z1-R

髄所に専用部品を投入した、Zシリーズ初のR仕様。細部に及んだデザインのこだわりと、戦闘力向上を果たしたメカニズムに迫る。

直線基調のデザインを持つメーカー純正カフェレーサー。丸みを帯びたZ900RSよりもコッチが欲しかったというユーザーも多数?

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)

特集/連載

  1. 自二車は中型二輪に限る
  2. HONDA CROSS CUB 110/50
  3. 兄弟車試乗インプレ対決
  4. 2019初夢スクープ
  5. Moldel A(A型)
バイク王
Z900RS x STRIKER