アメリカの著名ビルダーの最新作

新型XSR700と1972年型XS2を親子カスタム

2018新型XSR700は、1970年に発売されたヤマハ初の4ストローク車であるXS-1をモチーフにしたネオクラシックモデル。FASTER SONSというコンセプトでXSの息子として位置づけられているXSRだが、カスタムにおいても著名ビルダーが手げけたXS改のエッセンスを落とし込まれた最新作が公開された。

Fast Father XS650(速い父親 XS650)

グレッグ・ヘイグマンが2000年代初頭にカスタムした初のヤマハ車はXS-1(XS650)で、シンプルさが気に入っているという。今回、Fast FatherのカスタムにあたってはエンジンをMikesXSでオーバーホールしキャブレターをミクニVM34に変更、点火系はPamcoのパーツでフルトラ化している。またオルタネーターも強化しLEDヘッドライトに対応させている。フロントフォークは正立の頃のYZF-R6用でリヤはSR500改用のアルミスイングアームにHagonのリヤショックを組み合わせている。今回ベースとなったXS650は、1972年式でXS2とも呼ばれている。

エンジンや足まわりが強化され、走りも期待できそうなFast Father。タイヤはシンコーの705ラジアルでメーターはSpeedhutのGPSスピードメーターを採用する。タックロールシートはワンオフだ。

Faster Son XSR700(より速い息子 XSR700)

対してXSR700は、最新モデルがベースのためパフォーマンス向上のために手を入れる必要はなかった。そのためグレッグ・ヘイグマンは、XSとXSRの2台が相乗効果を生み出すようにカスタムを施している。具体的にはレトロなスタイルのフォークブーツやウインカーが内蔵されたLEDヘッドライトに7インチのバケットをセットしてXS2と揃いのイメージとしている。

ハンドルライザーを変更してスーパーバイクハンドルバーに交換し、メーターを前方低位置に移動。フロント&リヤフェンダーはカットして軽快さを強調している。また、レトロ感を演出するためホイールはシルバーにペイントされ、Fast Fatherとお揃いのシンコータイヤを装着している。

XSR700をXS2と同じ色に塗装

父と子、2台のバイクを結びつける最後の作業は同じカラーリングに塗装することだった。そしてXSR700の取り外し可能なタンクカバーにはレトロなヤマハのエンブレムが装着された。またタックロールシートもXS2のシートに合わせて採用された。ヘイグマンはXSR700にスポークホイールの投入も検討したが、8499ドルのバイクに3000ドルのホイールを装着するのはナンセンスとして却下した。

まさに親子のような相似形となったXS2とXSR700カスタム。そもそも2018年型XSR700のカラーリングはXS2をオマージュしたもので、それだけでも親子と言える関係だったが、グレッグ・ヘイグマン氏はその関係をより密に近づけるようにしているのだ。

ニュース提供:北米ヤマハ
いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事