事前情報でライバル対決

新型Ninja250vsCBR250RR徹底比較


’17東京モーターショーで発表され、話題となっている新型ニンジャ250。気になるのはクラスの盟主であるホンダCBR250RRとの比較だろう。というわけで早速、写真と発表スペック値を比較してみた。なお、2018年型ニンジャ250(&400)の写真とスペックは海外仕様。国内モデルの諸元や価格は未発表だが、カワサキモータースジャパンのWEBサイトで「2018年春の国内販売に向けて調整を行っております」とアナウンスされている。

ENGINE

ニンジャがクラス最強馬力をマーク

エンジンは、ともに新設計のDOHC4バルブ水冷並列2気筒249ccを搭載する。最高出力はニンジャが8psアップの39ps/12500rpmをマーク。CBRは38ps/12500rpmで、ニンジャが1ps上回った。最大トルクは2.4kg-m/10000rpmのニンジャが、CBRの2.3kg-m/11000rpmを上回る。ただし、CBRはクラス唯一のスロットルバイワイヤーと、出力特性を3段階から選べるライディングモードを備える。ボア×ストロークはニンジャが62.0×41.2mm、CBRが62.0×41.3mm。ストロークが異なるが、測定方法の違いによるもので実質的に同じ。圧縮比はニンジャの方が0.1高い11.6:1だ。ミッションは2台とも6速で、ニンジャのみ握る力を軽くし、バックトルクを緩和するアシスト&スリッパークラッチを備える。

吸気レイアウトは、2台とも現行250では珍しい高効率のダウンドラフト式。スロットルボディ径は2台とも大径のφ32mmだ。

 

CHASSIS

2気筒勢では2台が最軽量タイ

装備重量は2台とも167kg(ABS仕様)。これは現行の2気筒250ccフルカウルスポーツでは最軽量となる。フレームは2車ともスチール製。ニンジャはパイプによるトラス構造だが、剛性をあまり必要としない箇所を細いプレートで締結。適度な剛性を持たせつつ、軽量化を重視した設計だ。一方、CBRはメインフレームをツインパイプとしたトラス構造。剛性はこちらが上だろう。ニンジャは、リヤサスがエンジンマウントなのも特色。サスを支える剛性が不要のため、骨格の軽量化が可能だ。シート高に関しては、CBRの方が5mm低い790mmだが、ニンジャはまたがり不可だったため、実際の足着き性は不明。

ともにトラスフレームながら、いかにもニンジャは軽そうな構成。ただし、ステアリングヘッドやピボット周辺など剛性が求められる部位はきっちり補強している。CBRはメインパイプの間にトラスを組み、ツインスパーフレーム的な高剛性を狙った。ホイールベースはニンジャが1370mmで、CBRより20mmコンパクト。キャスター角は運動性能を狙い、両者とも24° 30′とかなり立ち気味だ。スイングアームはニンジャが鉄製の角タイプ。CBRはアルミダイキャスト製で、片側への字とするなど凝った造形だ。

 

役割が異なる正立vs倒立

Fフォークはニンジャが正立φ41mm。CBRは国産250スポーツで唯一の倒立で、φ37mm。前者は軽いステアリング、後者はスポーツ性能が狙いだ。ただしCBRもアンダーブラケットを薄くするなど適度に剛性は抜いている。
リヤサスは、ともにリンク式。前後タイヤサイズは2車とも同じだ。ただしニンジャはバイアス、CBRはラジアルタイヤとなる。装着タイヤは、ニンジャがダンロップ製GT601。CBRは同GPR-300。

2車ともフロントブレーキキャリパーは片押し2ポット、φ310mmペータルディスクは共通。リヤは、ニンジャが片押し2ポット+φ220mmディスク、RRが片押し1ポット+φ240mmディスクの組み合わせだ。

 

EQUIPMENT

2台ともLED採用、高級感タップリ

クラスで唯一CBRがLEDヘッドライトを装備していたが、新たにニンジャも獲得。ウインカーは、ニンジャがビルトイン式の電球タイプ。CBRは海外仕様ではヘッドライト上のポジションと一体型だが、国内では別体式のLED式を採用する。テールランプは2台ともLEDとなる。メーターを含め、2台とも高級感は抜群だ。

2台とも鋭い2眼から白く鮮烈なLEDの光を放つ。顔はニンジャが逆スラントノーズ、CBRが低く構えた尖り気味のノーズを採用する。どちらも印象的なフェイスだ。

メーターは、ニンジャが650と同イメージの高級感溢れるアナログ+反転液晶。CBRはビッグバイク並みに大型のフルパネル反転液晶を採用する。ともにギヤポジションを表示する。トップブリッジは2台とも肉抜きされ、250とは思えない豪華なコクピットだ。

 

近日、新型ニンジャ250/400の日本仕様を取材予定

ヤングマシンでは、近日、’18ニンジャ250&400【日本仕様】の取材を行う予定だ。CBR250RRのケースでは、海外仕様と日本仕様でスペックや装備の面で違いが見られた。恐らくニンジャ250/400でも日本スペシャルがあるのではないかと期待している。いずれにせよ、新型ニンジャ250&400【日本仕様】の正式なスペックと写真が入手でき次第、今回の続報をお届けしたい。

ちなみに、今回の比較で使用している新型ニンジャの写真は、現状で多くの素材が用意されている400のものが中心となっている。ニンジャ400と250は車体の基本を共有しているのでビジュアルイメージの参考になるはずだ。ただし、エンジンに関してはクランクケースこそ共通だが、その他のパーツはほぼ専用品となっている。上の250と400を比べた画像では、400のマフラーが延長されているのが解る。

ヌマ王

ヌマ王

記事一覧を見る

ヤングマシン編集部出身の敏腕フリーライター。特にバイクの社会&時事ネタに詳しく、20年以上にわたって特ダネを追い続けている。趣味はユーラシア大陸横断。

この著者の最新の記事

関連記事