2月23日発売・最新号解説

【増ページ特大号】ヤングマシン’19年4月号の見所!

ニューモデルの発表が続き、大阪/東京モーターサイクルショーを前に新車の整理は収拾がつかないほどに膨れ上がっています。そこで今月号では、増ページ特大号として『世界の新車大図鑑』をお届けします。今買える/これから買えそう(?)な新車を集めに集めた438台を収録し、仕上げに発売前ニューモデルの海外試乗をレポートしています。新型カタナのカスタムプロジェクトをスクープするほか、ヤンマシ印のカスタムバイクもご紹介。こちらは東京モーターサイクルショーで実車を展示する予定なので、予習のためにも必読といえましょう。そして今回の神名車は、スズキが世に問うた伝説のロータリーエンジン搭載バイク、RE-5です。

完全保存版[2019]世界の新車大図鑑<438台収録>

パニガーレV4R、そして新型S1000RRの登場により覇権争いが激化する大型スーパースポーツをはじめとする、カテゴリー別新車大図鑑。ほかにも軽量スーパースポーツ、スポーツツーリング、ヘリテイジスポーツ、ネイキッドスポーツ、アドベンチャーそしてスクーターなど盛りだくさん。そのカテゴリーの魅力とはなんなのか? という見所も詳細にお伝えする。

2019 世界の新車大図鑑

【別冊付録】見開きA3ポスター図鑑:RZ250

“レプリカ”誌の制作のため特別に撮影したRZ250の写真をつぶさに眺められるグラフィック小冊子。TZ250と並べた写真もあり、当時の熱が蘇る。

by YOUNG MACHINE CLASSIC ARCHIVES

ニューモデル試乗とTOUCH & TRY

最新バイクのインプレッションをお届け。CB650R/CBR650Rにはじまり、YZF-R3やハイパーモタード、スピードツイン、GSX-R125に試乗したほか、タッチ&トライではナイケン、CB1100EX/RSをテストしている。

3月15日に国内仕様が発売されるCB650R/CBR650Rに海外試乗。イギリス誌、スペイン誌によるダブルインプレッション!


東京モーターサイクルショーでの実車展示、そしてGW前の国内仕様発表が確実視されるYZF-R25/R3。海外で先行して開催されたR3の試乗会の模様をお届けする。こちらはスペイン誌、ドイツ誌によるダブルインプレッションだ。


6月頃の発売が予想されるドゥカティ・ハイパーモタードにスペインで試乗。グランカナリア島を走り回った編集部員が見たものとは?


TOUCH & TRYではナイケン、CB1100EX/RSに試乗。最新ジャケットもテストしている。

最新LED系カスタムITEM×3

光モノで愛車をドレスアップするのはバイク乗りの定番。その中でも派手すぎないワンポイントのLEDカスタムを3つ紹介する。LEDヘッドライトのほかには、流れるウインカーが流行りそう?

最新LED系カスタムITEM×3

ヤングマシン×ヨシムラ仕様モンキーカスタム

東京モーターサイクルショーに展示することが決定しているスペシャルモンキー125は、第46回マシン・オブ・ザ・イヤーのモニター大賞でもある。まずは誌面で予習、そしてモーターサイクルショー現地での抽選会も見逃すな!

MONKEY 125 Custom PROJECT

ニッポン神名車伝 RE-5

国産2輪車では唯一のロータリーエンジン搭載車、RE-5にフォーカス。ジウジアーロによる独創的なデザインは奇異な目で見られがちだったが、その乗り味に奇異な雰囲気は微塵もなかった。

RE-5は“茶筒メーター”でも有名。現代でも新鮮に見える。

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)

特集/連載

  1. 自二車は中型二輪に限る
  2. 2018年○と×
  3. 岡崎静夏
  4. ナイケン
  5. Moldel A(A型)
バイク王
Z900RS x STRIKER