このバイクに注目!

CB750Fが放ったオーラは、スーパースポーツのカッコよさを完全刷新する画期的なものだった!


●記事提供: ライドハイ編集部

‘80年代突入の反転攻勢に込めた、ホンダの新しさをアピールしたオリジナリティ

世界GPの気筒数やミッション段数を制限する1967年の発表に、レースは走る実験室を標榜していたホンダは撤退を表明、その直後にデビューしたのが量産車では初の4気筒エンジンを搭載したCB750フォアだった。

まさに多気筒化の高回転高出力マシンで、世界GPを全クラス制覇したホンダを象徴するスーパースポーツの登場に世界中が湧き上がった。

しかしこの大勝負に出た裏には、4輪でアメリカのマスキー法という厳しい排気ガス規制をクリアすれば、ホンダが一躍クルマメーカーとして認められるチャンスに賭けるため、全エンジニアを集結して2輪開発を暫し休止する作戦が進行していたのだ。

そして実際に、CB750フォアをスケールダウンした4気筒、CB500フォアやCB350フォアが続いたものの、大型スーパースポーツのNewモデルはなく、カワサキZ1やスズキGS750などに先行を許す状況が続いた。

CB750フォアは集合マフラー採用などマイナーチェンジを重ねたが、既に新しさを失った魅力に乏しいモデルにしか見られていないのは誰の目にも明らか。

そこへマスキー法をクリアするCVCCエンジン開発を終え、世界GP復帰宣言に続きCB750を待ち望まれたDOHC化したCB750Kの発表、さらにはCX系VツインにVF系V型4気筒による留守中のお返しとばかりに矢継ぎ早の猛攻がはじまったのだ。


※本記事は“ライドハイ”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事