YAMAHA FZ750 1985model×RIDE HI

V4レーシングマシン断念から誕生したジェネシス5バルブFZ750【このバイクに注目】


●記事提供: ライドハイ編集部

前傾45°ダウンドラフトキャブ5バルブはV4エンジンの片バンクだった

1977年、第22回東京モーターショーに1台の衝撃的なマシンが参考出品された。

ヤマハYZR1000(OW34)。DOHC水冷90°V型4気筒エンジンにフューエルインジェクションを装備し、最高出力135PS、最高速度275km/hのプロトタイプの耐久レーサーだった。1970年にXS-1を発売し、4ストロークエンジン開発をスタートしたヤマハは、世界GPで2ストロークGPマシンで優秀性をアピールしてきたように、4ストロークマシンによる耐久レース参戦を計画。

1000cc・並列4気筒・DOHC・4バルブのレーシングエンジン開発プロジェクトは、まったく新しい90°V型4気筒エンジンへと進化、まさにヤマハの念願だった頂点クラスで世界が認めるパフォーマンスマシンをV4エンジンのイメージで確立しようとしていたのだ。

世界GP500ccクラスにも4ストで7バルブV4エンジンが開発途上だったそのとき

2ストロークGPマシンを凌駕する4ストV4は、気筒あたり4バルブから吸気3バルブ排気2バルブの5バルブが生まれ、吸気4バルブ排気3バルブの高回転高出力エンジンの究極にまで開発が及んだそのとき、すべてをストップする事態となった。

クルマの対米市場で不可能といわれた排気ガス規制のマスキー法をクリアすべく、CVCCエンジン開発へエンジニアを総動員していたホンダが、世界GP復帰宣言、そしてスーパースポーツの刷新を次々と展開。

その切り札が何と同じV4だったのだ。


※本記事は“ライドハイ”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース