270°のツインスポーツ|RIDE HI

鼓動をアクティブに楽しめるツインスポーツは、急かされないけど頻繁に醍醐味を楽しめる

●記事提供: ライドハイ編集部

リスクを冒さずスポーツするには270°の2気筒がお奨め

スポーツバイクの楽しみ方はライダーによって様々。スーパースポーツで途方もないハイパーエンジンをその片鱗を感じながら楽しむのもあれば、手に負えるエンジンパワーを選択してパフォーマンスのかなりの部分を引き出しながら操る醍醐味に浸る楽しみ方もある。

いっぽう、そこまでアクティブに走らせる自信もないので、いわゆるエンジンの鼓動を感じながら心地よさを楽しむライダーもいるだろう。

いずれにしても一般公道で、常軌を逸したリスクに踏み込まないライディングをいかに楽しむかは、どんなバイクを選ぶかで大きく違ってくる。

ただ乗り方次第で変わるのが、スロットル開度とエンジンの常用回転域。ビギナーやリターンライダーは、スロットルを1/4以上開けるなど想像すらできないとんでもない暴挙にしか思えないはず。しかしそこまで暴力的ではない、エンジンが路面を掴む、ライダーが操る醍醐味を楽しめる領域を知っているライダーも少なくない。

そんな走り方のためにつくられているスポーツバイクが、2気筒で270°間隔のエンジンだ。


※本記事は“ライドハイ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース