第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

HONDA NSR250R 1987model×RIDE HI

【88NSRは2スト究極の頂点】他を圧倒した凄まじい復讐パワー!?


●記事提供: ライドハイ編集部

きっかけはNR500の敗退、2スト最後発の歴史に残る突撃ぶり

’80年代の2ストレプリカ時代を知るファンには、’88のNSR250Rといえば史上最強の2スト市販公道マシンに位置づけられる頂点マシンだ。

その完成度の高さ、それも他を圧倒して寄せ付けない圧倒的な強さとパーフェクトさを得るまで、まっしぐらに駆け抜けた開発スピードの凄まじさが語り草でもある。

そもそものきっかけは、ホンダが1978年に世界GP復帰宣言して、翌’79年シーズン終盤から走り出したNR500にある。

当時の世界GP頂点は500ccクラス。2ストローク4気筒のヤマハYZR500やスズキRGΓが凌ぎを削っていた。そこへホンダはかつて’60年代にもそうであったように、シンプルな構造でパワーを稼ぎやすい2ストロークではなく、高度なメカニズムを駆使した技術力で闘う4ストロークで挑戦しようとしたのだ。

ただ20,000rpm回しても通常のバルブ面積では2ストパワーに追いつかない。そこで捻り出したのが気筒あたり吸気4本と排気4本の8バルブを収めるオーバルピストンだった。ただ2シーズンとちょっとを経ても、2スト勢に追いつかない。

そこでまずは勝利を狙い遂に2スト化を決意。ただ当時のホンダには1974年のエルシノアという2スト単気筒モトクロッサーに端を発したCR125/250Rのレッドホンダ・モトクロスマシンしかノウハウがない。


※本記事は“ライドハイ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース