KAWASAKI Z1000R1 1982model×RIDE HI

ローソンレプリカはなぜ凄い!?

●記事提供: ライドハイ編集部

アップハンドルでパフォーマンス勝負! アメリカAMAカルチャーにファンが共感

アメリカは、モータースポーツでヨーロッパと次元を異にするカルチャーが根強い。カーレースの最高峰、F1に対してアメリカにはインディカーがある。ヨーロッパのGTレースと、ストックカーいわゆるNASCARとの関係も象徴的だ……そんなアメリカ人気質から、バイクレースでも世界GPマシンに対しアップハンドルのネイキッド(当時はまだそんな呼び方はなく、スポーツバイクの頂点はまだアップライトだった)によって1976年からAMAのチャンピオンが争われることになった。

ホンダのCB750フォアをはじめ、カワサキにスズキと日本製4気筒ビッグバイクが台頭し、スポーツバイクの世界が一変したのをうけ、AMAではスーパーバイクの選手権をスタートさせたのだ。

その70年代から80年にかけて、カワサキはZ1000Jをベースに規制で制限のある範囲でモディファイしたZ1000Rを駆る、エディ・ローソン選手の活躍で一躍盛り上がっていた。ライバルはホンダCB900Fとフレディ・スペンサー……コーナーをガンガン攻めるシーンにファンは魅了された。ビッグバイクの頂点はハイウェイの高速クルージングをイメージしていた世界が、このカルチャーで一気にひっくり返ってしまったのだ。


※本記事は”ライドハイ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース