YZR500のデルタボックスをそのまま再現?|RIDE HI

ヤマハTZR250が目指したのはYZR500のコンセプトを受け継ぐ究極のスポーツマシン!

1983年型のレーシングマシン、YZR500はクイックさやコンパクトさを目指してなどいなかった。そして、同じエンジニアが市販スポーツを設計することになる。

●記事提供: ライドハイ編集部

「人間の感性に馴染みやすいマシン」とは?

1985年11月に発売になったヤマハTZR250。世の中は既にレーサーレプリカのブーム真っ只中だったが、このTZR250にはライバルと異なりコンパクトやクイックさをイメージさせる尖ったキャラクターはなかった。

膝を擦ってガンガン攻めるGPマシン直系のレプリカから漂う切れ味の鋭さは、こうしたハイエンドマシンには不可欠の魅力だろうに、ヤマハは敢えてそれを追わず自らが信じる優れたマシンを目指したからだ。

それが「人間の感性に馴染みやすいマシン」。

そしてこれこそが当時の世界GPマシン、YZR500が目指していたモノだったのだ。

1982年、ヤマハは前年までのスクエア4という並列2気筒を斜め上下で連結したエンジンで闘っていたが、大きく重くなっていく方向へ歯止めをかけるべく、全てを刷新したNewマシンを投入した。

新型はV型上下連結で吸気をVバンク間に設定したコンパクトなエンジンと、増加するタイヤ荷重に耐えにくくなった伝統的だがフレームパイプの長いクレードルタイプから、エンジンを囲まずピボットプレートからステアリングヘッドとを結びながらエンジンもメンバーとする他にはない画期的なレイアウト。

そして当時の絶対的なチャンピオン、ケニー・ロバーツが要求した超ワイドなリヤタイヤと、ピーク域で一気に旋回加速できるパワー特性で開発したのだ。

ところがこのマシンでケニーが勝てない。同じチームで前年モデルのスクエア4を駆るバリー・シーンのほうが優位に展開していた。


※本記事は”ライドハイ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース