世界の新車大図鑑

2021新車バイクラインナップ〈日本車大型スーパースポーツ600ccクラス〉

  • 2021/2/13
2021新車バイクラインナップ〈日本車大型スーパースポーツ600ccクラス〉

●文:ヤングマシン編集部 ●情報提供:ホンダ ヤマハ カワサキ ※’21年2月13日更新

カワサキZX-6R/KRTエディション:+37ccの余裕でコースもツーリングも楽々[新色]

カワサキ ニンジャZX-6R KRTエディション

【’21 KAWASAKI Ninja ZX-6R KRT EDITION】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 636cc 126ps/13500rpm 7.1kg-m/11000rpm ■197kg(装備) シート高830mm 17L ■タイヤF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格:135万3000円 [写真タップで拡大]

600スーパースポーツながら、レースレギュレーションに縛られずライバルより+37cc多い636ccに排気量を設定。そのため最大出力はクラストップの126psで、ラムエアの効果も相まってストリートからサーキットまでパワフルな走りを楽しませてくれる。発売済みの’21モデルは’19年に登場したものがベースとなっており、レーシーなKRTエディションと白×灰のSTDからなる新色2タイプが用意。3段階+OFFのトラクションコントロールや2段階パワーモード、アップ方向のクイックシフターといった電子制御機能も含め、車体色以外の装備や性能は両タイプとも同じだ。また、どちらにもETC2.0車載器が標準装備となっているのもツーリングなどで嬉しい。

[写真タップで拡大]

【クイックシフター標準】クイックシフターを標準装備。作動方向はシフトアップ方向のみだが、サーキットなどでは大きな武器に。

[写真タップで拡大]

【1世代前ながら機能性十分なメーター】1世代前のニンジャ1000などと同系のメーターを採用。見やすいアナログ式タコメーターと豊富な情報を表示する液晶パネルで機能性は十分だ。

[写真タップで拡大]

【ETC2.0も標準】ETC2.0 車載器が標準装備される。本体の収納場所はシート下。インジケーターはメーター部に表示。

カワサキ ニンジャZX-6R

【’21 KAWASAKI Ninja ZX-6R】●価格:135万3000円 [写真タップで拡大]

ホンダCBR600RR:電脳化で蘇ったミドルサーキットウェポン[マイナーチェンジ]

ホンダCBR600RR

【’21 HONDA CBR600RR■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 599cc 121ps/14000rpm 6.5kg-m/11500rpm ■194kg(装備) シート高820mm 18L ■タイヤF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格:160万6000円 [写真タップで拡大]

’16年を最後に国内仕様のラインナップから消えていた「CBR600RR」が、新たなる武器の数々を引っ提げて復活。ストレスフリーな”トータルコントロール”を謳い、プロダクションレースのベース車としての高いポテンシャルを日常でも思い通りに操れるジャストサイズのスーパースポーツを目指している。エンジンは高回転化を図り、歴代最高の121psを発揮。スロットルバイワイヤー化により電子制御は刷新され、トラクションコントロールやパワーセレクト、エンブレコントロールにウイリー制御とひと通り揃った。さらにウイングレットが新設されたフロントカウルなど、デザインまわりも一新。フレームは従来型を踏襲するも、スイングアームは剛性バランスが見直され、150gの軽量化を達成した。

[写真タップで拡大]

【上下対応クイックシフターも用意】スロットルバイワイヤー化の恩恵で、アップ方向だけでなくダウン方向のクイックシフターも可能となった。別売オプションで用意されている。

[写真タップで拡大]

【突き出し増のBPF】フロントはショーワ製のビッグピストンフォークを踏襲するが、突き出し量を増やして車高アップが可能に。コースでのセッティング幅が拡大だ。

[写真タップで拡大]

【フルLED4眼&センター吸気】逆スラントのフルLED4眼ヘッドライトを装備し、その間に大きく開いたラムエアインテークをセット。もっとも吸気効率が高まるレイアウトだ。

[写真タップで拡大]

【センター排気継承】マフラーレイアウトは歴代の600RRから続くセンターアップ方式を踏襲。前面投影面積の削減やバンク角の確保に大きなメリットがある。

[写真タップで拡大]

【翼端板つきウイングレット】ウイングには、渦の発生を抑制しバンクした際の横方向への揚力を抑えてハンドリング低下を防ぐ翼端板も付いている。

[写真タップで拡大]

【RR-R譲りのTFT液晶】電脳化に合わせフルカラーTFT液晶メーターに変更。画面モードはストリート/サーキット/メカニックの3つで、バックライトは自動調光だ。

ヤマハYZF-R6レースベース車:公道仕様は’20で終了。’21はサーキット専用のみ

ヤマハYZF-R6レースベース車

【’21 YAMAHA YZF-R6 RACE BASE】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 599cc 118.4ps/14500rpm 6.3kg-m/10500rpm ■190kg(装備) シート高850mm 17L ■タイヤF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格:124万3000円 ※諸元は’20年国内仕様 [写真タップで拡大]

電子制御スロットルやトラクションコントロール、クイックシフターなどの最新装備をクラス内ではライバルに先駆けて採り入れ、猛禽類を思わせる面構えやR1譲りのフロントまわりなどで走りに磨きをかけてきた「YZF-R6」だが、欧州および北米では’20モデルをもって販売終了となり、日本でもヤマハ輸入車を長く取り扱ってきたプレストコーポレーションが’20年6月をもって解散。新車が買えるのは店頭在庫のみとなってしまった。ただ、海外の’21モデルにはサーキット専用の「R6 RACE」を設定。国内では「YZF-R6レースベース車」として’20年11月30日までの期間限定予約で発売が行われた。サーキットユーザーにはひと安心といったところか。

ヤマハYZF-R6レース

【’21 YAMAHA YZF-R6 RACE】欧州でも公道仕様は生産終了となったが、サーキットユーザーのためにクローズドコース専用モデルがラインナップされることとなった。別売のレーシングキットも充実している。※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【硬派なアナログタコ】大きく見やすいアナログ式タコメーターがサーキット走行では実用的。その横に速度計などを表示する液晶パネルをセットしている。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

固定ページ:

1

2

【車両ブランド】ホンダ(全記事)ホンダ(車両別)ヤマハ(全記事)|ヤマハ(車両別)スズキ(全記事)|スズキ(車両別)カワサキ(全記事)|カワサキ(車両別)BMWドゥカティトライアンフKTMハーレーダビッドソンその他外国車 【バイクカテゴリー】スーパースポーツスポーツ&ツーリングネイキッドヘリテイジ&ネオクラシックアドベンチャー&オフロードクルーザースクータービジネス&レジャー電動バイク名車/旧車/絶版車 【免許&排気量】大型二輪[1001cc〜]大型二輪[751〜1000cc]大型二輪[401〜750cc]普通二輪/ミドル[251〜400cc]普通二輪/軽二輪[126〜250cc]原付二種[51〜125cc]原付一種[〜50cc] 【キーワード】特集連載試乗インプレモトGPヘルメットウェアバッグマフラータイヤ青木宣篤岡崎静夏下川原リサ原田哲也丸山浩 【参加メディア】ヤングマシンモトツーリングプロスペックモトメカニックウィズハーレーゴーライドモーサイライドハイ

WEBヤングマシン|最新バイク情報