ヤマハYZF-R7/WGP60thアニバーサリー[新型バイクカタログ]:100万円で買える! 手の届く新潮流スーパースポーツ

YZF-R7 概要

ユーロ5に対応した新型MT-07系のCP2=クロスプレーン並列2気筒エンジンを搭載し、扱いきれる73.4psの最高出力と188kgの超軽量車体で、新たなスーパースポーツシーンを切り拓くフルカウルモデル。

そのエンジンはベースとなるMT-07そのままではなく、新たにアシストスリッパークラッチを採用。2次減速比もややロングよりに設定されている。車体はMT-07のメインフレームを各部締結剛性を最適化するなどチューニングして使用。これにフルアジャスタブルのKYB製φ41mm倒立フォークや、プリロード&伸側減衰を調整可能としたリヤサスペンションを組み合わせる。

バイク本来の素の状態を楽しませるためか、トラクションコントロールは装備されずクイックシフターもオプション設定だが、そのぶん99万9900円という低価格を実現し大きな話題となった。発売日は’22年2月14日だ。

また、そのちょうど1ヶ月後の’22年3月14日にはアニバーサリーモデルが販売を開始。ロードレース世界選手権参戦60周年を祝したもので、こちらは5万5000円増の105万4900円に設定されている。

’22 YZF-R7

スタイリング

ヤマハYZF-R7|ディープパープリッシュブルーメタリックC

【’22 YAMAHA YZF-R7】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 689cc 73ps/8750rpm 6.8kg-m/6500rpm ■188kg シート高835mm 13L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ■クイックシフター(アップ/オプション) ●色:ディープパープリッシュブルーメタリックC ヤマハブラック ●価格:99万9000円 ●発売日:’22年2月14日 [写真タップで拡大]

ヤマハYZF-R7|右横
ヤマハYZF-R7|左横

エンジン/メインフレーム/スイングアームはMT-07のものをベースとしつつ、前後サスと三つ又の変更でスーパースポーツらしい前下がりの車体姿勢を実現。トレール90mmを維持しつつキャスター角を24.8°から23.7°と立てて、前後分担荷重は49.4%:50.6%から50.7%:49.3%へ。これにより、軽快性と直進安定性の両立が図られた。 [写真タップで拡大]

ヤマハYZF-R7|フロント/リヤ

最大バンク角53°を実現する車幅はYZF-R1~R15までの間でもっともスリム。タイヤはブリヂストンのバトラックスハイパースポーツS22を履いて、スポーツ走行に対応する。 [写真タップで拡大]

ヤマハYZF-R7|ヤマハブラック

【カラーバリエーション】ブルー×ブラックと単色ブラックの2パターン。リヤフェンダーのリフレクター以外に大きな違いはない。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

ヤマハYZF-R7|ライディングポジション

R1やR6ほどではないがしっかり低いセパレートハンドル。ステップも高い位置。シートも程よい腰高感とスーパースポーツらしい前傾ライディングポジションが取れつつ、公道での扱いやすさにも幾分か配慮。両足指まで地面に着き、引き起こしは軽い。[身長170cm/体重58kg] [写真タップで拡大]

エンジン

ヤマハYZF-R7|エンジン

排気量689cc/最高出力73psといった基本はMT‐07そのまま。しかし 2次減速比の変更と、同エンジンでは初となるアシストスリッパークラッチの採用で、高揚感あるスポーティな走りを実現する。 [写真タップで拡大]

シャーシ/足回り

ヤマハYZF-R7|シャーシ

MT-07と同じ基本骨格に、スポーツ走行対応のためセンターブレースを樹脂からアルミへ変更。各部の締結剛性を最適化した。これによりピボットまわりのねじり剛性や全体の剛性バランスが強化された。 [写真タップで拡大]

ヤマハYZF-R7|フロントまわり

フロントの足まわりはKYB製のフルアジャスタブルφ41mm倒立フォーク/アドヴィックス製ラジアルマウントブレーキキャリパーで強化している。 [写真タップで拡大]

主要装備

ヤマハYZF-R7|ヘッドライト

M字ダクト奥に新開発の小型LEDヘッドランプを配し、その周囲から新気をエアクリーナーへ送風。ライト脇にはLEDポジションも配置。 [写真タップで拡大]

ヤマハYZF-R7|トップブリッジ

R1/R6に迫る本格的雰囲気のコクピット。かなり肉薄なトップブリッジは穴開けも検討されたが、強度確保のためにリブ加工のみになったという。 [写真タップで拡大]

ヤマハYZF-R7|ハンドル

ピストンが斜めのセミタイプではなくまっすぐとなっているブレンボ製の純正ラジアルマスターシリンダー。量産車に搭載されるのは世界初だ。 [写真タップで拡大]

’22 YZF-R7 WGP 60thアニバーサリー

ヤマハYZF-R7 WORLD GP 60TH ANNIVERSARY

【YAMAHA YZF-R7 WORLD GP 60th ANNIVERSARY】ヤマハのWGP参戦60周年を記念し、YZR500をモチーフにした特別カラーがYZF-Rシリーズ各車に設定。R7では400台が生産される予定だ。●価格:105万4900円 ●発売日:’22年3月14日 [写真タップで拡大]

ヤマハYZF-R7 WORLD GP 60TH ANNIVERSARY|フロント

60周年カラーはダクト上の黄色ゼッケンが共通イメージを醸し出す。 [写真タップで拡大]

ヤマハYZF-R7 WORLD GP 60TH ANNIVERSARY|エンジン

270度クランクのCP2ことクロスプレーンクランク並列2気筒を搭載。扱いやすさと低中速のパンチはMT-07で高く評価されている。 [写真タップで拡大]

ヤマハYZF-R7 WORLD GP 60TH ANNIVERSARY|フロント周り

ホイールはゴールド仕上げ。フルアジャスタブルのφ41mm倒立フォーク&ラジアルマウントキャリパーを採用する。 [写真タップで拡大]

YAMAHA YZF-R7 WORLD GP 60TH ANNIVERSARY|トップブリッジ

R1の肉抜きを連想させるリブ入りトップブリッジ。サスペンションアジャスターのゴールドカラーと60周年記念エンブレムが光る。 [写真タップで拡大]

YAMAHA YZR500

60周年カラーは、’80年にYZR500として初めてアルミフレームを採用したOW48をモチーフとする。この年には前後サスにも新技術を投入したほか、フロントブレーキにアルミ製キャリパーを装備し、YPVS(ヤマハパワーバルブ)改良による全回転域のパワーアップと、冷却系見直しによる信頼性向上を果たした。ケニー・ロバーツの3年連続王座を支えたマシンの1台だ。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

YZF-R7/60thアニバーサリーに関連する記事

ヤマハ YZF-R7 試乗インプレッション【スーパースポーツの敷居を下げた革命児】

MT-07をベースに、幅広い技量のライダーがサーキットで扱いきれることを目指して誕生したのが、このYZF-R7だ。センターブレースなどで剛性バランスを調整したフレーム/KYB製の倒立フォーク/ブレンボの純ラジアルマスターなどを採用。100万円を切る車両価格にも注目だ。 ’22 ヤマハ YZF-R7 概要 スタイリング ライディングポジション [◯] 操縦性はスーパースポーツそのもの。シャーシの完成 […]

68年の歴史で初!! ヨシムラヤマハ爆誕なの!? ヨシムラR&Dがヤマハ車「YZF-R7」でモトアメリカに参戦!

1978年に始まった、アメリカにおけるヨシムラとスズキのパートナーシップは、40年以上にわたる成功に満ちた歴史を歩んできたが、2019年に解消され、ヨシムラのアメリカンロードレースの歴史は休止していた。そして2022年、ヨシムラとして初めて、ヤマハ車でレースをすることが発表された。 POP吉村の孫が始める新しいプロジェクト よく知られているように、ヨシムラとスズキのパートナーシップは現在も強固なも […]

TZ250の直後に乗ったYZF-R7が天国だった【ケイファクトリー ヤマハ YZF-R7】

ヤマハの市販レーサーである1985年型のTZ250に乗った直後にヤマハの市販最新スポーツであるYZF-R7に試乗。TZ250はまるでうまく乗れないピンポイントな操作性だったが、YZF-R7はケイファクトリーにより随所に手が入り、ノーマルを上回る馴染みやすさを披露してくれた。 YZF-R7その前に。多くの反響をいただいた1985 ヤマハ TZ250の記事 1985 ヤマハ TZ250に試乗!【まさか […]

丸山浩の新型ヤマハYZF-R7インプレ総括【vsライバル徹底比較:RS660/CBR650R/ニンジャ650】

ヤマハ入魂の新生YZF-R7はMT-07をベースとしたミドルクラスの並列2気筒フルカウルスーパースポーツ。今回の特集では同じ排気量帯のライバル車(RS660/CBR650R/ニンジャ650)と、峠道走行を中心に徹底試乗比較を行なった。最後に全体総括として総合評価スコアを発表する。 ハードルは高くないが本格派の要素が詰まったYZF-R7を評価したい! アルミ製フレームに4気筒エンジンを搭載したスーパ […]

丸山浩の新型ヤマハYZF-R7街乗りインプレ【vsライバル徹底比較#5:RS660/CBR650R/ニンジャ650】

ヤマハ入魂の新生YZF-R7はMT-07をベースとしたミドルクラスの並列2気筒フルカウルスーパースポーツ。同じ排気量帯のライバル車(RS660/CBR650R/ニンジャ650)と、峠道走行を中心に徹底試乗比較を行なった今回の特集、本記事では峠道の前後にまず避けられない”街乗り”についてレポート。ここでどれぐらい疲労や不満を低減できるかが、いざワインディングに臨む際の楽しさに […]

丸山浩の新型ヤマハYZF-R7高速走行インプレ【vsライバル徹底比較#4:RS660/CBR650R/ニンジャ650】

ヤマハ入魂の新生YZF-R7は、MT-07をベースとしたミドルクラスの並列2気筒フルカウルスーパースポーツ。今回のライバル対決特集における主戦場はワインディングながら、峠道にたどり着くまでのルートに高速道路が含まれることも少なくない。というわけで、各車の高速道路における短中距離の走行性能や快適性をチェックした。 レーシーなライディングポジションだが、意外にもYZF-R7が優れた快適性を発揮! 都市 […]

丸山浩の新型ヤマハYZF-R7峠道走行インプレ【vsライバル徹底比較#3:RS660/CBR650R/ニンジャ650】

ヤマハ入魂の新生YZF-R7は、MT-07をベースとしたミドルクラスの並列2気筒フルカウルスーパースポーツ。このマシンが峠にも向いているバイクなのはわかるが、同じ排気量帯のライバル車種と比べてどうなのか? 単純な運動性能の優劣だけでなく、それぞれの良さや特徴も紐解きながら、峠道でもっとも輝くモデルを探した。 [1番勝負] vs アプリリアRS660:速さではRSに軍配が上がるも、R7の扱いやすさは […]

【MCショー】幻の8耐マシンを再現! ヤマハ「YZF-R7」用YAMALUBE外装セット、8月に限定発売

ヤマハは、MT-07系の並列2気筒エンジンを搭載したスーパースポーツモデル「YZF-R7」用のYAMALUBE(ヤマルーブ)外装セットを2022年8月からヤマハスポーツバイク専門店YSPにて数量限定発売すると発表した。 ロボットがサンバースト並みの塗装技法を実現?! ヤマハは、誰もが楽しめる新種のスーパースポーツモデル「YZF-R7」用に、最先端塗装&グラフィック技術で仕上げられたスペシャル外装セ […]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース