ヤマハFJR1300シリーズ [’22後期 新型バイクカタログ]:ファイナルは20周年記念車

ヤマハFJR1300AS 20thアニバーサリーエディション

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年7月30日

ヤマハFJR1300シリーズ 概要

オートクラッチのYCC-Sを装備したASと、マニュアルクラッチとなるAの2グレードがある直列4気筒ビッグツアラー。ASにはコーナリングライトや電動調整サスも装備されている。誕生20周年を記念して’22に登場した漆黒ボディに金ホイール&記念ロゴなどを配した特別モデルをもって生産終了となる。

’22 FJR1300AS 20thアニバーサリーエディション

主要諸元

ヤマハ FJR1300AS/A 20th Anniversary Edition

【’22 YAMAHA FJR1300AS 20th ANNIVERSARY EDITION】ゴールドのホイールは20周年記念車の特別仕様。当モデルはAS/Aともに販売され、価格はいずれも11万円アップの198万円/187万円だ。従来のカラーも継続販売される。■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 1297cc 147ps/8000rpm 14.1kg-m/7000rpm ■296kg シート高805-825mm 25L ●色:ブラックメタリックX ●価格:198万円 [写真タップで拡大]

主要装備

ヤマハ FJR1300AS/A 20th ANNIVERSARY EDITION|エンブレム

タンク天面にエンブレムが刻まれるほか、ゴールド「FJR」ロゴ、専用のステッチとエンボス加工を施したシート、フューエルリッドやレバー、フートレストにはブラックのコンポネートカラーを使用している。 [写真タップで拡大]

’22 FJR1300A 20thアニバーサリーエディション

主要諸元

ヤマハ FJR1300A 20th ANNIVERSARY EDITION|エンブレム

【’22 YAMAHA FJR1300A 20th ANNIVERSARY EDITION】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 1297cc 147ps/8000rpm 14.1kg-m/7000rpm ■289kg シート高805-825mm 25L ●色:ブラックメタリックX ●価格:165万円 [写真タップで拡大]

’18 FJR1300AS

主要諸元

ヤマハFJR1300AS

【’18 YAMAHA FJR1300AS】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 1297cc 147ps/8000rpm 14.1kg-m/7000rpm ■296kg シート高805-825mm 25L ●色:マットダークパープリッシュブルーメタリック1 ダークグレーメタリックN ●価格:187万円 [写真タップで拡大]

ヤマハFJR1300AS|スタイリング

標準モデルのAと上位モデルのASが販売される。ASは電子制御シフトのYCC-Sや電動調整サスペンションを採用。 [写真タップで拡大]

ヤマハFJR1300AS
ヤマハFJR1300AS

カラーバリエーションはマットブルーとダークグレーの2色。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

ヤマハFJR1300AS|ライディングポジション

シートを低い方(805mm)に設定し、電動調節サスペンションを1名乗車にセットした状態。両足とも接地するが、あまり足着きは良くはない。[身長175cm/体重62kg] [写真タップで拡大]

エンジン

ヤマハFJR1300AS|エンジン

1297ccの水冷DOHC4バルブ並列4気筒エンジンを搭載。2軸バランサーを採用して低振動化を図り、トルクフルながら疲れにくい乗り味に仕上げられている。その一方、ライディングモードをツーリングからスポーツに変更すれば元気よく走ることも可能であるなど、完成度の高いエンジンだ。 [写真タップで拡大]

足まわり

ヤマハFJR1300AS|足まわり

ASには倒立式フォークと電動調整サスペンションを採用。後輪駆動は初代からシャフトドライブだ。ブレーキはペダルを操作するとフロントも作動する前後連動式。タイヤは専用品となる。 [写真タップで拡大]

主要装備

ヤマハ FJR1300AS
ヤマハ FJR1300AS

セパレートハンドルは3段階(前後30mm)の範囲で調整可能。カウル左側には小物入れも。マルチファンクションメーターは回転計のみ指針式だ。 [写真タップで拡大]

ヤマハ FJR1300AS
ヤマハ FJR1300AS

高さを上下130mmの間で任意に調整可能な電動スクリーンを採用。ASはコーナリングランプを装備する。 [写真タップで拡大]

ヤマハ FJR1300AS
ヤマハ FJR1300AS

ガソリンはレギュラーでOK。ライダー側のシートは高さを2段階[805-825mm]に調整可能。車体後方にはIMUを備えている。 [写真タップで拡大]

’18 FJR1300A

主要諸元

ヤマハFJR1300A

【’18 YAMAHA FJR1300A】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 1297cc 147ps/8000rpm 14.1kg-m/7000rpm ■289kg シート高805-825mm 25L ●色:マットダークパープリッシュブルーメタリック1 ダークグレーメタリックN ●価格:154万円 [写真タップで拡大]

ヤマハFJR1300A

STDのAもカラーバリエーションは同じくマットブルーとダークグレーの2色。 [写真タップで拡大]


※本記事は”ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ヤマハFJR1300シリーズに関連する記事

生産終了! ヤマハの白バイ、FJR1300の次はどうなる? ホンダはNT1100って噂だけど……

ヤマハは、2022年モデルをもってFJR1300シリーズの生産を終了すると発表しているが、気になるのはヤマハ製の白バイが今後どうなるのかということ。ホンダはNT1100の白バイ仕様が登場するという噂もあるなか、全国を走る白バイの姿はどのように変化していくのだろう? 現在、白バイといえばホンダ「CB1300P」とヤマハ「FJR1300P」 日本における白バイは、世界でいえばポリスバイクと呼ばれたりし […]

ヤマハ FJR1300ヒストリー「3000km快走ツアラー」登場から20年、4世代にわたる進化を解説

大きく4世代に分けられるヤマハ FJR1300、日本仕様は2022年モデルで終了 「大きく変えず、10年単位で熟成していきたい」と開発陣が語り、2001年に海外向けモデルとして登場したヤマハ FJR1300。 それから20年が経過した同車は、今なおロングツーリングの本場・ヨーロッパで本格スポーツツアラーとして高い支持を得ているが、具体的にどのような「熟成」が行われてきたのか、当記事ではその足跡をた […]

ヤマハ初代FJR1300(2001年)詳細解説 「長距離高速移動の本場・ヨーロッパを納得させた実力派ツアラー」

2001年登場、ヤマハFJR1300が目指した「スポーツツアラーとしての高み」 旅にも、走りにも妥協しない。ヨーロッパでの使い方を真摯に研究して開発されたのが、ヤマハのスポーツツアラー・FJシリーズである。 だが、21世紀に入った2001年、同車はスポーツアラーカテゴリーでのさらなる高みを目指し、車名に「R」を付加した海外向けモデル・FJR1300を登場させた。FJ時代には選択されなかった水冷エン […]

有終の20周年記念モデル! ヤマハ「FJR1300AS/A」大型スポーツツアラーの2022年型

ヤマハは、1297cc並列4気筒エンジンを搭載するスポーツツアラー「FJR1300AS/A」に20周年記念モデルに「20th Anniversary Edition」を設定し、2022年2月10日に発売すると発表した。また同時に、これをもって国内向けのFJR1300AS/Aは生産終了になることも明らかになった。 ゴールドの前後ホイールや専用シートを採用 ヤマハは大型スポーツツアラー「FJR1300 […]

ヤマハFJR1300AS試乗インプレッション【熟成のツアラーモデル、買うなら今だ!】

ユーロ5を前に継続生産が危ぶまれているヤマハ FJR1300。その上位モデルである”AS”は、クラッチ操作不要なYCC-Sや電子制御サスペンションなどを採用する国産スポーツツアラーの雄だ。あらためてその魅力に迫る! [◯] 希少な大排気量の直列4気筒、ASならAT限定免許でもOK ’00年9月に発表、’14年モデルから国内ラインナップに加わったFJR1300。今 […]

2021新車バイクラインナップ〈大型スポーツ&ツーリングクラス|日本車最新潮流解説〉

高速クルージングとスポーツ性能を併せ持つ大型ツアラークラス。近年は軽快な1000ccクラスに人気が移行していたこのクラスだが、’21年はいよいよオーバーリッターのハヤブサが復活。メガスポーツの復権なるか、見逃せない1年になりそうだ。 大型スポーツツーリング:いよいよハヤブサ復活。’21最大の注目となるか 余裕ある排気量とウインドプロテクションに優れたカウリングで、高速道路や […]

’20モデル スペックベストテン〈タンク容量編〉【大型クロスオーバー&クルーザーが独占】

※’20年7月上旬現在、国内で購入できる現行ラインナップかつ公道市販車のカタログ数値(公式HPに記載されているスペック)を比較。 地球すべてを走破する王者GSがブッチギリ ツーリングで気になるのが燃料タンク容量。多いほど給油回数を減らし、航続距離を稼ぐことができる。10位圏内は、やはりロングランを重視する大型クロスオーバーとクルーザーが独占した。 首位は、現行で唯一の30Lビッグタンク […]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース