ヤマハ アクシスZ[新型バイクカタログ]:扱いやすさ抜群の原二スクーター

アクシスZ 概要

ヤマハ125スクーターでトップの低燃費54.6km/L、最軽量の100kg、もっとも低い770mmのシートと、扱いやすさをとことん追求。ロングシートの下にはヘルメットが2個入る37.5Lの大容量トランクを装備。

’22年にはマイナーチェンジが行われた。主な変更点は排ガス規制への適合/始動時のエンジンの静音性を高める「SMG(スマートモータージェネレーター)」の導入/リヤブレーキ操作時にフロントブレーキを動作させて車体バランスを保つ「USB(ユニファイドブレーキシステム)」の採用/ヘッドランプの光量アップ/ニューカラー設定の5点だ。

’22 アクシスZ

'22 ヤマハ アクシスZ|マットダークパープリッシュブルーメタリック1

【’22 YAMAHA AXIS Z】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 124cc 8.3ps/7000rpm 1.00kg-m/5000rpm ■車重100kg シート高770mm 5.5L ■タイヤサイズF=100/90-10 R=100/90-10●色:マットダークパープリッシュブルーメタリック1 ブラックメタリックX グレーメタリックM マットダークイエローイッシュグレーメタリック4 ブルーイッシュホワイトカクテル1 ●価格:27万1700円 ●発売日:’22年3月18日 [写真タップで拡大]

'22 ヤマハ アクシスZ|ブラックメタリックX
'22 ヤマハ アクシスZ|グレーメタリックM

[写真タップで拡大]

'22 ヤマハ アクシスZ|マットダークイエローイッシュグレーメタリック4
'22 ヤマハ アクシスZ|ブルーイッシュホワイトカクテル1

カラーバリエーションは艶消し青/黒/灰/艶消し茶/白の5色展開。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

アクシスZに関連する記事

[’22前期版]国産新型バイクカタログ:51〜125cc原付二種総まとめ#2(スクーター)

ヤマハ シグナスグリファス/X:パワーアップ&低燃費で猛禽顔のシグナスが新登場! 現行シグナスXからのフルモデルチェンジで、水冷124ccブルーコアエンジンを搭載する「シグナスグリファス」が新登場(グリファス=コンドル科の猛禽)。エンジンは可変バルブVVAを採用し、6000rpmを境にローカムとハイカムが切り替わり、全域で優れたトルク特性を発揮。シグナスXの空冷ブルーコアよりパワーは20%以上アッ […]

コスパ最高の原付二種スクーター! ヤマハの通勤快速「アクシスZ」新型は3/18発売

ヤマハは、走りと環境性能を両立した“BLUE CORE(ブルーコア)”エンジンを搭載するコンパクトな原付二種スクーター「AXIS Z(アクシス ゼット)」をマイナーチェンジし、2022年モデルとして3月18日に発売した。 パワーアップを果たしながらヤマハ125ccトップの低燃費もキープ 30万円を大きく割る価格ながら37.5Lの大容量シート下トランクにジェット型ヘルメットを2個収納可能など、高い実 […]

ヤマハ アクシスZ[新型バイクカタログ]:扱いやすさ抜群の原二スクーター

アクシスZ 概要 ヤマハ125スクーターでトップの低燃費54.6km/L、最軽量の100kg、もっとも低い770mmのシートと、扱いやすさをとことん追求。ロングシートの下にはヘルメットが2個入る37.5Lの大容量トランクを装備。 ’22年にはマイナーチェンジが行われた。主な変更点は排ガス規制への適合/始動時のエンジンの静音性を高める「SMG(スマートモータージェネレーター)」の導入/リ […]

コスパ最高の原付二種スクーター! ヤマハの通勤快速「アクシスZ」新型は3/18発売

ヤマハは、走りと環境性能を両立した“BLUE CORE(ブルーコア)”エンジンを搭載するコンパクトな原付二種スクーター「AXIS Z(アクシス ゼット)」をマイナーチェンジし、3月18日に発売する。 パワーアップを果たしながらヤマハ125ccトップの低燃費もキープ 30万円を大きく割る価格ながら37.5Lの大容量シート下トランクにジェット型ヘルメットを2個収納可能など、高い実用性で“隠れベストセラ […]

ヤマハ2021新車バイクラインナップ〈51〜125cc原付二種スクーター〉NMAX/トリシティetc.

NMAX:125も155も海外モデルは新型に 125と155で車体を共有する「NMAX」。155はインドネシアで先行して’20年モデルとして新型に移行していたが、125はヨーロッパで’21年モデルとして刷新。可変バルブ機構(VVA)を持つブルーコアエンジンはトラクションコントロール機能やアイドリングストップを備え、安全/環境性能に長ける。灯火類はすべてLEDでヘッドライト/ […]

最強の通勤快速!? ヤマハ原付二種スクーター「アクシスZ」新色“マットグリーン”は2/5発売

ヤマハは、同社の原付二種125ccスクータートップの低燃費54.6km/Lを誇る「アクシスZ(AXIS Z)」にニューカラーを設定し、2021年モデルとして発売する。新色はマットグリーンで、継続色を含め全5色設定となる。発売日は2021年2月5日。 大容量シート下トランクに低燃費エンジン、軽量コンパクトで装備重量は100kg ヤマハは、走りと環境性能を融合した「ブルーコア(BLUE CORE)」エ […]

最強の通勤快速!? ヤマハ原付二種スクーター「アクシスZ」に新色“マットグリーン”登場

ヤマハは、同社の原付二種125ccスクータートップの低燃費54.6km/Lを誇る「アクシスZ(AXIS Z)」にニューカラーを設定し、2021年モデルとして発売する。新色はマットグリーンで、継続色を含め全5色設定となる。発売日は2021年2月5日。 大容量シート下トランクに低燃費エンジン、軽量コンパクトで装備重量は100kg ヤマハは、走りと環境性能を融合した「ブルーコア(BLUE CORE)」エ […]

’20新車バイク総覧〈110〜125cc原付二種|国産車#4/5 スクーター〉ヤマハ スズキ

原付二種クラスは125ccを中心に近頃大人気。コストパフォーマンスの良さに加え近年のアジア市場の拡大も相まって、ラインナップは増加の一途だ。前ページのスポーツ系バイクに続いて、本ページではスクーター編として、ヤマハ トリシティ125/BW’s 125/NMAX/シグナスX/アクシスZと、スズキ スウィッシュ/アドレス125/110を紹介する。 ヤマハ トリシティ125/ABS:ヤマハ独 […]

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース